日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

スポンサードリンク

長州藩・高杉晋作のクーデターと薩摩藩の討幕への転換

f:id:miumaga:20180122202742p:plain

高杉晋作のクーデターと長州藩の討幕の転換 

長州藩内の保守派による尊攘派弾圧の前にやむなく九州へと逃れた高杉晋作でしたが、幕府の征長軍が撤退すると、ただちに長州へ帰還します。

戦わずして幕府に降伏した保守派に反旗を翻し、藩の実権を取り戻すべく下関の功山寺で挙兵します。

 

続きを読む

島津久光による文久の改革と八月十八日の政変

f:id:miumaga:20180117132406p:plain

1862年(文久2年)に上洛した島津久光は、朝廷への公武合体推進するために働きかけます。この働きかけが実り、久光は勅使を擁して江戸に下り幕政改革を求めます。

 

幕府は勅使を受け入れ、幕政改革を行います。この一連の改革を文久の改革と呼ばれています。 

続きを読む

テロの温床と化した京都の警察組織【新撰組】の誕生

f:id:miumaga:20180115221356j:plain

安政の大獄以降、過激な攘夷論は下級武士の達の間で特にくすぶり続けていました。

 

1859年に条約通り、横浜、箱館、長崎が開港されたよ翌月には、横浜で水戸藩士たちによるロシア人士官襲撃事件が起きます。この事件をきっかけに、外国人襲撃事件が各地で起こります。

 

続きを読む

桜田門外の変と坂下門外の変による幕府権威の失墜

f:id:miumaga:20180113214542j:plain

大老井伊直弼による通商条約の勝手な調印と将軍後継ぎ問題の強固なやり方は、参与の外様大名をはじめとする一橋派の反感を買うとともに、尊王論者と攘夷論者の双方からも強い反発を招きます。

 

続きを読む

開国と井伊直弼による安政の大獄

f:id:miumaga:20180111204346j:plain

安政の改革と日米修好通商条約締結

ペリー来航前より老中・安倍正弘は、幕政の改革の必要性を感じ着手します。この改革を安政の改革と呼ばれ、幕府三大改革の享保の改革寛政の改革天保の改革に次ぐ改革とされています。

続きを読む

尊王攘夷運動の高まりと吉田松陰

f:id:miumaga:20180109132615j:plain

ペリーの黒船来航以降、相次ぐ異国船の来航やそれに伴う摩擦とアヘン戦争・アロー戦争での清国の敗北は、日本の外交姿勢を根本から変える出来事でした。

公武合体に至るまでの幕末初期は、幕府を中心とした【開国派】と朝廷を中心とする【攘夷派】の対立として見ることができます。

 

そもそも【尊王攘夷】の【尊王】とは、『王=天皇を尊ぶ』と言う意味で、朱子学的な大義名分に基づくものです。これに対して、【攘夷】とは、『夷=外国人を追い払う』と言う意味で、それぞれ別々の思想として存在していました。

続きを読む