日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

スポンサードリンク

日露戦争勝利による日本の影響

f:id:miumaga:20170817214931j:plain

1904年日本とロシア帝国は、朝鮮と満州の支配権をめぐる対立から争いが起き、日露戦争に発展します。その主戦場は、朝鮮半島満州南部、日本海にも及びました。

 

1905年9月5日にアメリカの仲介により日本とロシアは、ポーツマス条約を締結することで講和をします。この日露戦争で、日本は勝利をおさめ、この戦争での目的が完全に達成されました。一方で、ロシア帝国は没落の一途をたどることになり、1917年に起こったロシア革命で崩壊します。

 

続きを読む

わかりやすい日本のお金の歴史のながれ

f:id:miumaga:20170807171931j:plain

現在の日本のお金は、4種類の紙幣と5種類の硬貨があり私たちは当たり前のように使用していますが、ここに至るまで長い歴史をお金と言うものは歩んできました。

古代のお金の代表格に、和同開珎や天正小判と言う名前が思い浮かびますが、日本で最初のお金が誕生して以来、どのような歴史を流れていったのかは、よくわかりません。

 

今日は、そんな日本のお金の歴史を見てみましょう。

 

続きを読む

日本がアジアの大国清と戦った日清戦争の簡単な流れと下関条約

f:id:miumaga:20170803212746j:plain

1894年~1895年まで行われたアジアの大国である清との戦い、それが日清戦争です。

 

アジアの外交政策において朝鮮半島は、重要な位置を占めていました。

朝鮮は長い間、中国(清)の影響下にありましたが、そこを足掛かりに日本は、大陸に進出したいと考えていました。

続きを読む

意外と多い!?乱世に生きた歴史上の女武将達!!

f:id:miumaga:20170802215235j:plain

今更ながら、2017年の大河ドラマは【おんな城主 直虎】で、井伊直虎が題材のドラマです。ここで注目となったのは、井伊直虎と言う人物が女性だったという事。大河の始まる直前に、直虎は実は男だったと言う説が出てきて話題にもなりましたが、大河ドラマの方は女説で進行して、今に至ってます。

 

現在は、おんな城主として、腕を振るっているとことでしょか?

 

歴史上では、井伊直虎に限らず女性ながら乱世を生き抜いた有名な女武将は結構います。今回は、そんな女武将について書いてみたいと思います。

 

続きを読む

戦国一数奇な運命を辿った浅井家三女・江は、今上天皇の先祖だった!?

f:id:miumaga:20170728125743j:plain

1567年、北近江の大名浅井長政は、織田信長の妹であると婚姻することにより、織田家と同盟を結びました。

 

その浅井長政と信長の妹・市の間には、3人の娘が生まれました。

 

娘の名は、茶々・初・江。

 

天下統一事業を進めた織田信長の姪として、2度の大名家の滅亡や両親の死を経験して、その後天下をめぐる覇権争いに深くかかわっていくことになった、浅井三姉妹の江について書いていきたいと思います。

続きを読む

明治初期の国際問題 【不平等条約改正と征韓論~西南戦争まで】

f:id:miumaga:20170725210033j:plain

明治政府の外交課題は、幕末から引き継がれていた不平等条約の改正が最重要課題でした。

そのため、1871年(明治4年)岩倉具視を大使として、木戸孝允大久保利通伊藤博文らの岩倉使節団がアメリカやヨーロッパに派遣されました。

続きを読む

明治新政府による改革と中央集権体制の強化

f:id:miumaga:20170721204318j:plain

明治政府が真っ先に取り組んだのが、天皇を中心とする政権体制を固める事でした。

 

まずは、諸藩に領地と領民を天皇に返す版籍奉還で、薩長土肥が手本を見せて行いました。旧藩主たちには石高の代わりに、家禄(給料)を与えて引き続き藩政を任せました。

しかし、新体制への旧藩主たちの反発も強く、新政府は廃藩置県の断行を決意します。

 

この廃藩置県により、全ての藩が廃止されて府県となり、旧藩主たちは罷免されて東京居住を命じられました。旧藩主たちにかわり、中央政府から派遣された府知事・県令が地方行政を担うことになり、国内の政治統一がなされました。

この廃藩置県幕藩体制が崩壊して、事実上の江戸時代の終結したという説もあるようです。

 

rekishi-note.hatenablog.com

ここまでは、幕末の流れで書いた内容ですが、今回は明治時代の流れを地租改正から書いていきたいと思います。

続きを読む