日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

スポンサードリンク

日本史の流れ

日本がアジアの大国清と戦った日清戦争の簡単な流れと下関条約

1894年~1895年まで行われたアジアの大国である清との戦い、それが日清戦争です。 アジアの外交政策において朝鮮半島は、重要な位置を占めていました。 朝鮮は長い間、中国(清)の影響下にありましたが、そこを足掛かりに日本は、大陸に進出したいと考えてい…

明治初期の国際問題 【不平等条約改正と征韓論~西南戦争まで】

明治政府の外交課題は、幕末から引き継がれていた不平等条約の改正が最重要課題でした。 そのため、1871年(明治4年)に岩倉具視を大使として、木戸孝允・大久保利通・伊藤博文らの岩倉使節団がアメリカやヨーロッパに派遣されました。

明治新政府による改革と中央集権体制の強化

明治政府が真っ先に取り組んだのが、天皇を中心とする政権体制を固める事でした。 まずは、諸藩に領地と領民を天皇に返す版籍奉還で、薩長土肥が手本を見せて行いました。旧藩主たちには石高の代わりに、家禄(給料)を与えて引き続き藩政を任せました。 しか…

明治の文明開化で変わった日本の生活様式

大政奉還によって政権が徳川幕府から天皇に変換されました。 このような政治の変化により、文化にも影響を及ぼすことになります。その文化的な変化が文明開化と呼ばれているものです。 江戸時代が終わり、明治政府がスタートすると、日本人の生活は西洋を意…

わかりやすい古代の土地制度流れ ~初期荘園ができるまで~

古代の土地制度は、天皇を中心とした支配体制の重要な側面になっており、かつ国家財政を左右するものでした。 土地制度の一つ一つが社会的背景と直接リンクしているために政治だけではなく、経済や法整備などの様々な要素がからんできます。 古代の税は、稲…

開国から幕末までの流れ 2 江戸幕府終焉~廃藩置県

まずは、流れを掴むために年表を… 1865年4月 第2次長州討伐の勅許 1866年12月 慶喜が15代将軍になる。孝明天皇死去。 1867年6月 薩摩と土佐が討幕の密約を結ぶ 10月 朝廷が大政奉還を受理する 12月 王政復古の大号令 1868年1月 鳥羽伏見の戦い 3月 五か条の…

開国から幕末までの流れ 1 ペリー来航~薩長同盟

厳密に幕末の期間に関する定義はありませんが、一般的に1853年の黒船来航~江戸城無血開城後あたりが一般的でしょうか。見方によっては幕末の期間の定義は様々ですが、ここでは幕藩体制が完全に終了した廃藩置県を断行した1871年までを幕末の定義とします。 …

弥生時代を分かりやすくまとめてみました

弥生時代の名前の由来は【東京都文京区弥生町】の発掘調査で土器が見つかった事からつけられました。 縄文時代からの変化と言えば、金属の登場と稲作の普及が挙げられます。 しかし、金属器が登場したからと言って、100%の人が使っていたわけではなく、石器…

日本史・世界史による時代区分は解釈によって分け方が変わってくる!?

歴史を学ぶときは流れを覚えていくと良いのですが、学校で歴史を習う時は教科書に書かれている時代区分に基づいて各単元を習うことが多いです。 【鳴くよウグイス平安京】とか【鎌倉時代はイイクニ作ろうだよ】など学びました。 歴史と言うのは、日々の研究…

わかりやすい関ケ原の戦いの経緯と合戦までの流れ

織田信長の突然の死によって天下統一の機会を捉えた豊臣秀吉は、子飼いであった旧信長の家臣をも取り込み、見事に天下統一を果たします。 天下の治世を円滑に行うため秀吉は、大老職と奉行職を政権内に配置します。大老の筆頭であった徳川家康は主に軍事関係…

江戸時代の流れ ~将軍家綱による文治政治の始まりによる幕藩体制の安定~

江戸幕府初期の初代家康~3代家光までは、武力を背景とした大名統制を行っていました。これを武断政治と呼びます。 武家諸法度違反と称し、言うことを聞かない大名は、片っ端から取り潰していき、1600年~1640年までの改易数は198の大名家が取り潰しとなりま…

江戸幕府の成立と幕府の体制(家康~家光)

江戸時代は、1603年~1868年まで260年以上も続きました。 始まりは徳川家康が征夷大将軍になった1603年、終末は1867年の大政奉還までが江戸時代だと一般的に言われています。 この江戸幕府は、鎌倉・室町幕府と続く日本で最後の武家政権となります。

徳川家康の天下統一と江戸幕府の始まりの流れ

豊臣秀吉の死後頭角を現したのが、徳川家康です。 徳川家康は織田信長の盟友であったため、一時期は信長の後継者を狙う豊臣秀吉と小牧・長久手の戦いで、合戦を繰り広げたこともありました。しかし、秀吉が関白に就任し、五大老(重要政務を行う役職)の一員と…

豊臣秀吉の天下統一までの流れ

豊臣秀吉と言えば、農民の出でありながら、織田信長のなしえなかった天下統一を果たした出世人として有名です。 歴史の教科書では、信長が本能寺にて倒れた後、天下統一事業を引き継いだと書かれています。では、秀吉は本能寺の変後、どのようにして天下統一…

安土桃山時代から江戸時代までの流れ

安土桃山時代は諸説ありますが、ここでは1573年足利義昭追放から1603年徳川家康が征夷大将軍になるまでの時代とします。 この時代には大きく分けて、織田信長が中央政権を取っていた時期と豊臣秀吉が政権を握っていた時期と分けられます。この2人の名前を取…

平安時代から鎌倉時代への流れ

平安時代がとても長いので、少し表にまとめて流れを書いてみたいと思います。 これを見て流れをつかめたらいいなと思います。

室町幕府の成立と滅亡までの流れ

最近、戦国時代を書いていると室町時代の流れがイマイチつかめなくなってきたので、大まかな流れを書いてみたので参考になればと思います。 鎌倉幕府滅亡後、後醍醐天皇が朝廷の政治を復活させるために、建武の新政と呼ばれる新しい政権を興します。しかし、…

日本史の大まかな流れ   【南北朝時代と室町時代、戦国時代、安土桃山時代】

毎度毎度日本史の大まかな流れなんて題名掲げながら、流れと重要語を織り交ぜているため長ったらしい文章です。なので手っ取り早く知りたいなら日本史の流れ(かなり簡略したやつ)を参考にして下さい。 今回は南北朝・室町時代、戦国時代です。では始めます…

日本史の大まかな流れ サイトマップ的な物

重要語句を盛り込んだうえで流れを書いているため、大まかな流れと言っても長い文章で書かれたものがほとんどです。 そんなわけで、もう少し分かりやすいように今回は目次を作ってみます。 【日本史の大まかな流れ】 全部の時代を簡単にまとめたもの 旧石器…

日本史の大まかな流れ 【平安時代、鎌倉時代】

今回は平安時代からです。内容が濃いので、文化は省略。 一応、流れが分かる範囲で重要語を取り入れているつもりです。

日本史の流れ(かなり簡略したやつ)

今まではそれなりの説明で大まかな流れを書いていたけど、本当に簡単にまとめてみます。

日本史の大まかな流れ 【飛鳥時代、奈良時代】

飛鳥時代~奈良時代の大まかな流れを書いていきます。 重要用語を取り入れていて流れを書いていこういこうという試みのため、まとめの用になっています。

日本史の大体の流れ 【旧石器時代、縄文時代、弥生時代、古墳時代】

先日書いた「歴史の勉強法」でも書いたように、おおよその流れを把握した後に勉強すると覚えやすいです。そんなわけで、今回は日本史のそれぞれの時代を簡単にまとめていきます。