応仁の乱と戦国時代の幕開け

応仁の乱は1467年に京都を中心に、東軍細川勝元・西軍山名宗全が戦った大規模な内乱のことを言います。 学生の頃【ひとよむなしい応仁の乱】と覚えた人も多いのではないのでしょうか? 日本の歴史では、この応仁の乱をきっかけに戦国時代へと突入していきます。 今日は応仁の乱をわかりやすくまとめてみます。