信長は、天下布武の後天皇や朝廷をどうするつもりだったのか?

悠久の歴史を誇る天皇と朝廷にも改革の手を伸ばそうとしていた信長。 正親町天皇の退位勧告や朝廷からの三職就任の保留などから何らかの改革をしようと考えていたのかもしれません。もしかしたら旧権力に頼ることなく、信長自身が絶対的な神となり強力な秩序によってこの国を統治しようとしていたのかもしれません。