日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

スポンサードリンク

歴史の勉強法

少し主旨を変えて、どうすれば歴史の成績が良くなるか?覚えやすいか?を考えて行きます。学生さん向けです。

 

 

よく言われているのは大まかな流れを知ること。あとは他の教科と変わらないありきたりなことですが、興味を持つ、重要性を認識することです。

 

大まかな流れですが…

歴史という教科の場合、教科書を一度通しで読んで大体の流れをつかむというのが一番と言われています。中身が相当に詰まったものが教科書なので。でも現実問題、教科書を最初から最後まで通しで読むのは必要だと思ってもなかなか手が出ない人も多いのではないでしょうか?

 

そこでお勧めしたいのが、小学生向けの歴史シリーズの漫画。時代によって主人公が変わるものもあれば、歴史を旅する子供が主人公のものもあります。主人公が決まっている方が読み物としては入り込みやすい気もしますが、そこら辺は自分たちで取捨択一して見てください。このシリーズは図書館なんかにも置いてる場合もあるので、借りてみるのも手です。

 

 

興味を持つには…これもまたありきたりですが、やっぱり小説・漫画・ゲームなどの娯楽作品を見たり体験する事、ですかね。

 

個人的には小学生の時にやったシュミレーションゲームが歴史好きになった原点です。そのおかげか、そのゲームの時代がテスト範囲だった時は特に何もせずとも点数が採れていたので、やっぱり効果は大きかったんだろうと思います。

 

直接その時代の内容を直接扱っていなくても、例えば軍艦物のゲームであれば、「その軍艦が作られた背景」、「なぜ必要になったのか?」さらに時代を遡って「どうして軍拡が必要な情勢になったのか」など視野を広げていくことで、その時代に何があったのかを理解しやすくなります。

 

逆に、その時代の勉強を授業でやった時に、「これがこう繋がるんだ」と腑に落ちる場面も出てきます。そんな風に覚えると記憶に残りやすいものです。

 

 

 

漫画だけじゃなく、普段の生活の中…例えばニュースなんか(特に世界情勢のニュースとか)は、その背景を考えると割と直ぐに歴史にぶち当たります。現状を知るには過去の積み重ねを知る必要が出てきます。

 

実を言うと、私が大人になってから再び歴史に興味を持ったのは時事が気になり始めたから。その時事が必要だと感じたのは、今後の予測をするための一つの目安にするため。いずれ資産運用もしたいから今のうちに少しでも武器を作っておきたいな、経済の勉強に+αしたいな、と。そんなところが理由です。これは世界史になるけど…植民地時代に作られた企業が現代のインフラに関わっていたり、その企業が違う国に売り払われていたり。意外にも現代のお金の動きとも関わっています。

 

本来なら「今後の予測」をメインに考えると、世界史ならばイギリス産業革命前後、日本史ならば明治維新後…でも十分とは思いましたが、元々好きな事もあって折角だから最初からやってやろうじゃないかとなったわけです。

 

他にも就職先によっては時事問題が出されたりすることもあります。そんな時、背景を知っているのと知らないのとでは差が出てくるでしょう。成績やテストももちろん大事ですが、長い先を見据えて取り組むことが出来れば、また違った結果になるかもしれません。

 

勉強を始める前に、まず「どうして勉強することが必要なのか?」という点を自分なりに考えてみるだけで、歴史だけでなく勉強への取り組み方も変わるのではないかと思いますので、ちょっと意識してみると良いかもしれませんね。