読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

利用枠の上限について スポンサードリンク

日本史の大まかな流れ 【平安時代、鎌倉時代】

今回は平安時代からです。内容が濃いので、文化は省略。

 

一応、流れが分かる範囲で重要語を取り入れているつもりです。

スポンサードリンク

 

平安時代 ・・・ 794年 ~ 1185年 または 1192年

桓武天皇平城京から都を長岡京に移した年、または長岡京平安京に移した年から鎌倉幕府が開かれるまでの約400年を指し、古代から中世へ移行した時代。九州南部や東北も勢力下に。

  

中央では藤原氏が台頭。摂関政治天皇が幼少時であれば政務の代行、成人後では政治全般の補佐役として関与)を行う。

 

始めのうちは、律令政治を継承するが徐々に綻ぶ。そこで、個人を対象とした徴税から土地への課税へ。国司は徴税請負人(受領)として税を中央に納める代わりに一国を支配 ⇒ 受領に権限が集中。

  

奈良時代に発達してきた荘園だが、開墾した地が自分たちの物になるという事で張りきったのは貴族や金持ち、寺社・豪族など。彼ら(開発領主)が力を持ち、支配権を強めるうちに税の免除まで承認されはじめる。さらに国司の領地への立ち入り禁止の特権まで持つようになって国司と開発領主が対立

 

その中で武装の必要が出てきた地方豪族や土着の貴族らが武士となって組織(武士団)を作る。藤原氏の力が衰えると代わって武士が台頭。

 

末期には、皇位継承をめぐる皇族の争いが貴族武士を二分。後白河天皇藤原通憲の進言により平清盛源義朝らを動員し保元の乱に勝利。

 

その後、藤原通憲平清盛が重用されることに反発した藤原信頼源義朝が挙兵。平治の乱に発展。平清盛が勝利し、ますます重用されることに。源義朝の子・源頼朝は伊豆に流された。

 

関連リンク

 

 

 

鎌倉時代 ・・・ 1183年、1185年 または 1192年 ~ 1333年(諸説あり)

平氏が力を持つようになって反発したのが後白河法皇の側近。平氏打倒しようとするが失敗したことで後白河法皇が鳥羽殿へ幽閉。

 

更に平氏の権力↑↑と同時に周囲の不満強まる ⇒ 後白河法皇の子・以仁王の呼びかけに応じた源頼朝が挙兵し、最終的に壇ノ浦の戦いで勝利。挙兵後の戦乱の最中に鎌倉を根拠地として関東の公領荘園を支配。頼朝の権力↑↑を恐れた後白河法皇頼朝の弟・源義経に討伐を命じるが、失敗。後白河法皇の死後1192年源頼朝征夷大将軍に任命され、はじめて鎌倉幕府という武家朝廷との二元支配体制だったが、承久の乱以降は幕府優位となる。

 

鎌倉幕府の支配体制は、将軍御家人による主従関係で御恩奉公の関係で結ばれる封建制度によるもの。頼朝の死後は頼朝の妻方北条氏が台頭し執権政治将軍の補佐で政務を統括するものを執権と呼ぶ)を行うように。

 

 

お次は地方事情について。 

奈良時代の辺りから進化してきた荘園だが、鎌倉時代の頃から正式に地頭や荘官が管理するようになる。いわゆる二重支配である。一方、諸国でも朝廷から派遣された国司と幕府から派遣された守護による二重支配が行われるようになっていた。

 

 

最後は世界情勢について。

モンゴルから勢力を伸ばしていったという国がユーラシア大陸にまたがる大帝国を築く。ヨーロッパなど西への遠征も行う一方、アジア方面への遠征も行う。日本も例外ではなく、2回文永の役弘安の役)ほど日本へ攻撃を加えている。これは元寇とも蒙古襲来とも呼ばれる出来事である。

 

 

 

ちょうどこの前後から農業や手工業、流通などが変化し、貨幣経済が普及。そんな中、御家人たちは蒙古襲来の恩給が不十分だったり貨幣経済の発展についていけなかったり、分割相続を繰り返しで所領が細分化されていたりで幕府への不満↑↑。

 

さらに、朝廷では持明院統大覚寺統の2つの皇統で皇位継承権を巡る対立が発生。幕府の働きかけにより、皇位継承をそれぞれ交代で着く両統迭立という形で一旦収まったが、これに不満を持ったのが大覚寺統後醍醐天皇

 

後醍醐天皇御家人らの不満を背景として討幕の呼びかけ ⇒ 足利高氏(後の尊氏)や新田義貞らが挙兵し1333年鎌倉幕府が滅亡する。