日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

スポンサードリンク

古墳が作られるようになったわけ

f:id:miumaga:20170510211421j:plain

3世紀後半~6世紀後半の古墳時代は、文字のない文明の中では恐らく日本史上で最も栄えた時代でもあったでしょう。これまでの縄文・弥生に芽生えてきた文化の集大成ともいえると思います。同時に今後の日本の国家を形作るきっかけになった時期でもあります。

 

そんなわけで、今回は古墳時代に至るまでの経緯、弥生時代中期から後期にかけて焦点を当てていきます。

スポンサードリンク

 

はじめに、古墳時代につながりそうな出来事をいくつかあげてみます。

 

【日本】 

 紀元前2~1世紀頃

  この頃をピークに気温が低下(弥生時代は温暖期から寒冷期への移行期)。

  古墳時代(紀元後6世紀)まで続く。

 

 

 紀元前後~紀元後1世紀

  ① 西日本を中心に洪水が頻発 ⇒ 気候変動により農作物の収穫量が不安定に

  ② 広い範囲で鉄器が普及

  ③ 高地性集落の出現

    日本の国家統一と高地性集落の分布変遷: 邪馬台国総論 - 倭の女王・卑弥呼の正体とは?

 

f:id:miumaga:20141023012016j:plain

                       安田喜憲1990『気候と文明の盛衰』朝倉書店より

 (↑ 紀元後の図ではあるが、ちょうど弥生時代にあたる時期の気候安定していないことが分かる)

 

 

【中国・朝鮮半島

  紀元前206年 ( =紀元前3世紀末 )

  大陸で( 紀元前221年―紀元前206年 )の滅亡後、高祖・劉邦によって

  漢が建国

 

 紀元前195年 ( =紀元前2世紀前半 )

   朝鮮半島で燕人衛満が衛氏朝鮮を建国。

 

 紀元前108年

   衛氏朝鮮が漢によって滅ぼされ、楽浪郡真番郡・臨屯郡・玄菟郡として

   漢の領土となる。

 

 

紀元前3世紀以前からも中国や朝鮮半島からの渡来人は勿論いましたが、この短期間に隣国でこれだけの動きがあれば当然逃げ出す人もいたことでしょう。

 

また、それより少し前の紀元前219年には、秦の始皇帝から不老不死の薬を手に入れよとの命で、徐福という人が多くの技術者を伴って日本列島までやってきています。それまでとは異なり、日本列島への大規模で計画的な殖民だったようです。現在でも日本各地に「徐福伝説」は残されています。

 

おそらくは紀元前3~2世紀の混乱による渡来人の増加もあったでしょう。九州北部では早い段階で鉄が流入していたようです。その後の人の移動もあり、紀元前後以降徐々に鉄器も広がっていきます。同時に高地性集落も広がっています。

 

 f:id:miumaga:20141023004518j:plain

                  近畿 弥生の鉄 2・3世紀 「幻の鉄の時代」への疑問 より

 

 

なお、鉄器や高地性集落の分布から九州北部~瀬戸内~畿内の間で武力紛争も伴う政治紛争があったとの推測されることも。また、人が住んだ形跡のない場所(山頂に巡らされた堀や尾根の先端が人工的に切られたような区画が存在)もあり、その様な場所は『まつり』ないしは『聖域』として存在していたと考えられています。

 

ここから考えられる高地性集落の存在意義をまとめてみます。

 

  軍事施設としての役割(多くの武器が見つかった遺跡も)

  鉄を含む物資の輸送の要になる交通路を見張る役割

  社会的な序列や不平等などの上下関係を示す心理的もしくは

  信仰上の理由

 

 

ちなみに、弥生時代には鉄を日本列島だけで賄いきることはできなかったと言われています。古墳時代の終わりに近い6世紀頃以前は朝鮮半島南部の鉄素材を手に入れたうえで使用していたようです。紀元後200年頃には小丸遺跡(広島県三原市)という製鉄遺跡ではないかと言われている場所もあるので、今後の発見で変わるかもしれませんが。

 

 

 

 

次に、九州北部~瀬戸内~畿内での武力紛争があったと仮定してみます。九州北部では鉄の入手は比較的容易だったでしょう。直接交渉できるルートがあると考えられます。

 

実際に、朝鮮半島と九州北部の中間地点にある勒島(ヌクト)では、朝鮮半島では見られなかった風習の「抜歯」をした人骨が複数で見つかっているようです。この風習は日本列島に根付いた風習であり、骨格も九州北部に住んでいた「倭人」の骨格とよく似ていると言われています。

 

 

ところが、他の地域はそうはいきません。どこかしらの仲介が必要だったと思われます。地図を見てみると、朝鮮半島や中国と瀬戸内~畿内の間には、吉備岡山県全域や広島県東部、香川県島嶼部、兵庫県西部のあたり)、出雲島根県東部)、丹波国(京都中部・兵庫県北部・大阪府北部)のあたりが間にあります。

 

 

「後の時代から見てみれば」ですが、どの国も鉄と非常に深い関係があり、この時代に大きな力を持った国ばかりです。吉備には小丸遺跡も含まれていますし、出雲の国名も歴史的仮名遣では「いづも」つまりは『出鉄』が語源という説まであり、丹波国でも鉄が多く見つかっています。

 

 

 どうして鉄との関係が深まっていったのか?自然環境はもちろんですが、やはり中国や朝鮮半島との交流を他地域よりも図ることができた点が大きいと思われます。実際にこれらの国では中国や朝鮮半島との交流の証拠が数多くあります。

 

 

 

さて、もう一つの疑問が生まれてきます。既にこの時代、中国でも朝鮮半島でも鉄の流通ルートは確立されています。そんな中、鉄を命を懸けてまで得た対価は何だったのか?日本のクニではどんなことが必要だったのか??

 

 

 

長くなったので、そこら辺から次回もう一度お話しして行きたいと思います。

 

rekishi-note.hatenablog.com

 

 

 

http://home.hiroshima-u.ac.jp/kouko/book/noji-kaken/chap_04.pdf

No.342 古代の剣と刀 | アーカイブズ | 福岡市博物館

http://www.infokkkna.com/ironroad/tatara/tatara06.pdf

http

岡山県古代吉備文化財センター 古代吉備を探る

://www.city.kyotango.kyoto.jp/kyoiku/oshirase/bunka/00008/documents/hougen04.pdf