日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

スポンサードリンク

鉄についてのアレコレ

 

先日アップした「古墳時代が作られるようになったわけ」では、鉄についても調べました。そのうえで思ったこと感想、雑学なんかをメモしときます。次回の更新に時間がかかりそうなので、先に調べたい方がいればヒントにして下さい。

 

記憶だけで書いているので調べものの参考程度に留めておいていただければと思います。ちなみに今回の話題は日本史に限りません。 

 

 

ヒッタイト

  ⇒ 紀元前1500年頃~鉄を使い始めた最初の国(さらに古い鉄器

    が同地域で見つかってきている)と言われている。「隕鉄」

    という鉄を多く含む隕石を使った鉄器を作ったそう。

    内乱による食糧不足や加工に必要な燃料(木材)が少なく

    なったことで滅亡(色んな説がある)。

 

中国大陸 

 ⇒ 春秋戦国時代から鉄の鋳造が始まる。

   ヨーロッパよりも1500年は進んだ鉄技術を持っていたそう。

   隕鉄からではなく、青銅器を作っていた際に編み出された

   鞴(ふいご)を使った高温にする技術で作っていた。

   ただし、森林伐採のし過ぎて環境破壊へ。鉄の技術も廃れた

   ようである。

 

 

やっぱり国が陸続きで資源もたくさんあると周りが敵だらけだし、大量生産しておかないと色々とマズいのでしょうか?今現在の問題にも通じています。ちなみに日本の場合は古来より人口調整に苦戦してきた、と見た記憶があります。環境問題も人口調整も今の私たちに直結するので気になるところです。

 

 

日本

 ⇒ 吉備の鉄の話が桃太郎の伝承として残り、出雲では鉄の話が神

   話として残ったのでは??という説

 

 

神話についてはスサノオヤマタノオロチを倒した場面のヤマタノオロチが製鉄所を表しているのでは?という事を書いているブログさんがありました。同じ内容で、製鉄所ではなく洪水対策だったのでは?とする人も。

 

神話は事実を直接表しているわけではありませんが、暗喩として残されている部分もあるでしょうから一度じっくり調べてみたい部分でもあります。

 

 

 

 ※追記(11/29)

720年に完成したと言われる日本書紀の一部分に気になる記述があったので記載しておきます。

 

初め、五十猛神天降ります時に、多に樹種を将て下りき。然れども韓国に殖ゑずして、盡く持ち帰りて、遂に筑紫より始めて、凡て大八洲国の内に播殖して、青山に成さずといふこと莫し。所以に五十猛命を稱へて有功之神と為す。即ち紀伊国に所坐す大神是なり。

 

一書に曰はく、素戔鳴尊の曰はく、韓郷之嶋は是れ金銀有り。若使吾が兒の所御る国に浮宝有ずば、未是佳也とのたまひて、乃ち鬚髯を抜き散つ。即ち杉と成る。又胸毛を抜き散つ。是桧と成る。尻毛は是柀と成る。眉毛は是れ?樟と成る。巳にして其の用ふべきを定む。乃ち稱して曰はく、杉及び?樟、此の両樹は以て浮宝と為す可し。桧は以て瑞宮を為るべき材とす可し。柀は以て顕見蒼生の奥津棄戸に将臥さむ具に為す可し。夫の瞰ふべき八十木種も、皆能く播し生う。時に素戔鳴尊の子、号を五十猛命と曰す。

御由緒 << 伊太祁曽神社より

 長いですが、要約すると「五十猛神イソタケル)という植林の神様が天下る時に多くの樹の種を持ってきたけど、新羅には植えずに日本で植えた」「新羅には金銀財宝があるが日本にはない。その代わりに宝物として杉やヒノキ、マキ、クスノキを与えよう」という内容のようです。

 

尚、桧(ヒノキ)を瑞宮を作るための材料に、ということですが弥生時代には別の木材がメインに使われていましたので古墳時代以降の話と考えられます。

 

ここで疑問なのが、何故新羅には種を蒔かなかったという点です。

この時点で、新羅には木材が枯渇していたと考えられないでしょうか?

 

鉄は国を作るのに重要な資源でもあります。その鉄を作るのには豊富な森林資源が必要です。

 

ひょっとすると玉や塩以外にも日本にいると当たり前にあると考えている木材が交渉材料の一つになっていたのかもしれませんね。