日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

利用枠の上限について スポンサードリンク

古墳時代 ― 氏姓制度について ―

少々わかりにくい氏姓制度ですが、ヤマト政権下における内政の基盤にもなりますので詳しく見ていきます。

 

 まず、氏・姓と聞くと「氏名」「姓名」という現代でも通じる言葉を思い浮かべると思います。「名前」のイメージが強いので混乱してしまいがちなので、一旦「名前」のイメージを消してください。それでは始めます。

 

簡単に言ってしまうと氏姓制度とは古墳時代における身分秩序のことを指しています。大体の関係図を作りましたので張っておきます。 

 

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/miumaga/20141124/20141124114535.png

※地方豪族の大和政権への服属が進むと地方の人民も田部として徴収されるようになるが、その際ヤマト政権は田令(たつかい)を派遣している

 

基本的には「同じ祖先を持つ同族集団」である単位で政権の職務を担当します。

 

なお豪族と呼ばれる人々は、田荘(たどころ)と呼ばれる私有地(部曲田荘でも働きます)や財産、私兵を持ち、一定の地域を支配しているような一族のことです。

スポンサードリンク

 

とは…

発祥の経緯は不明ですが、神話にも出て来る「○○ヒコ」「○○ヒメ」「○○ヌシ」などが姓の原型だと考えられているものです。これを制度化したのが4世紀頃にいたとされる(実在性は疑問視)第13代成務天皇です。

 

  • 国造(くにのみやつこ)

   ・・・地方を治める官職、または官職についた人物。

      軍事権、裁判権などを持つ。

 

  • 県主(あがたぬし)

   ・・・古墳時代初期3~4世紀にはすでに成立されたとされる。

      ヤマト政権の直轄する行政区分、県の首長で政権に対する忠誠度高い。

 

  • ワケ(別、和気、和希、和介、委居、獲居)

   ・・・4世紀前後、ヤマト皇族から別れ地方に領地を得た者、

      およびその一族。

   ⇒5世紀前半の第19代允恭天皇氏姓制度改革によりの姓に変更

 

  • 稲置(いなぎ)

   ・・・県主より立場の弱い地方官の名称。名前の通り稲殻収納を取り扱った。

 

姓の制度というより、役職名を意味していることが多いように思われます。昔の呼び名の概念を調べると違った解釈ができるかもしれません。

 

 

これらが5~6世紀、氏姓制度として本格的に発展することになり、ヤマト政権に服属した証としてといった称号(つまりは) を与えることになりました。地位や職能、後から服属したか否かが分かるようになっています。

 

畿内の有力豪族に与えられ、その代表者が大臣で政治の中枢を担いました。元々地域の支配者だった者達の称号で、代表的なのが葛城・蘇我平群などです。

 

は大王に古くから職業・職能をもって仕えた豪族達に与えられ、の代表大連大臣と共に大王の下で政治を担当しました。代表的なのが、大伴(地方から出仕したトモ(※品部)の管理)・物部(武器・祭器の管理)・中臣(神事担当)です。

 

※品部とは、大王の隷属労働者の事。上の画像参照。

 

更には、ヤマト政権への協力度が高い豪族にはを、低い者にはというを与えています。 

 

このような血族関係を重視した氏姓制度は、大化の改新後に違う身分秩序が制定されることにより変化しますが、上に出た官職名などがそのまま残っている場合もありますので、大体どんなものか把握しておいた方が良いかと思います。