日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

スポンサードリンク

古墳時代ー飛鳥時代、豪族の対立に至るまでの経緯 1

古墳時代から飛鳥時代にかけて、豪族たちが大きな力を持つことになります。今回はその背景を詳しく見ていきます。磐井の乱に至るまでの経緯も分かるように書いてくつもりです。では、どうぞ。

この時代の一大勢力だったヤマト政権(以下、日本)についてです。

 

【初期】(3~4世紀)・・・豪族らによる連合政権

【中期】(4~5世紀)・・・ヤマト政権の強大化

              大王の墓が出現しはじめる(=大規模な古墳)

【後期】(6~7世紀)・・・中央の大王に権力が集中

              地方の豪族が服属

 

大王を中心とした政権に変わって以降、補佐役として豪族が台頭するという構図に変化しました。それが大体中期頃からです。

 

 

 

4~5世紀の間に台頭したのが葛城氏奈良県の葛城地域に拠点を置く豪族ですが、5世紀後半、第21代雄略天皇の頃に没落(雄略天皇に葛城氏の娘が嫁いでますが)しています。

 

この雄略天皇ですが、渡来人系の技術者を重用して殖産興業に努めたほか、朝鮮半島や中国大陸との交渉も活発に行っています。雄略天皇は、武力に長けた大王でもあり、『宋書』に書かれた五王「讃・珍・済・興・武」の中の「武」だとされており、朝鮮半島にも(軍事的に)進出していたこともありました。

 

スポンサードリンク

 

 

この後は4代ほど短命の天皇が続きます。最後の第25代天皇には子がいなかったため、大伴金村物部麁鹿火が第26代天皇継体天皇を引っ張り出してきます。

 

継体天皇は第15代応神天皇の5世孫です(日本書紀より)。応神天皇はその時の皇后(神功皇后=前天皇没後、長く政権を執っていた)と共に正統な後継者である兄から権力を奪取したと言われる天皇でもあります。また、真相は不明ですが、継体天皇新羅征伐の帰路に筑紫で生まれている他、大陸からやってきた騎馬民族の王という噂もあったようです。大陸と切っても切り離せない人物です。

 

継体天皇は新王朝の開祖では?と言われてたりもしますが、今は豪族のお話なので一旦おいておくことにします。

 

ともかく、継体天皇を強く推したのが大伴氏物部氏だったわけです。この両氏、実はどちらも軍事的な役割を担っていたとされています。どうやら雄略天皇の辺りから重用されていたようです。

 

長くなりそうなのでこの辺で。

 

 

rekishi-note.hatenablog.com