読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

利用枠の上限について スポンサードリンク

トンデモ本、トンデモ説をどう考える??

古代史を勉強する時に避けて通れないのがトンデモ本やトンデモ説。自分も含め、ネット上で気軽に記事をアップできるので、気づかないうちに影響されていたりトンデモ説を書いていたりしているんじゃないかなと思います。

 

今回は歴史の検証とかではなく、少し趣向を変えて個人的に思うことを綴ってみます。

 

 

古代史関連の本を色々調べると、まぁ色んな説が出てきます。中には「無理やりじゃない?」っていうのも当然ありますが、個人的に歴史が好きになって色々と調べるきっかけになるようなトンデモ説はあっても良いかな、という持論があったりします。

 

私自身は歴史は好きでもミーハーなのか、戦国時代や幕末の『いかにも時代が動いてます』っていう感じの時代が好きでした。そんな私が数年前に入院することになりまして『ナムジ』という漫画の本の差し入れをしてもらいました。古事記をネタにしたものなので、それまでの興味のある分野とは多少違ったわけですが、思っていたよりも面白くサクサク読み進める事が出来ました。

 

小説や漫画から入ると、その作者の歴史観が当然入りますし創作部分も入ることでしょう。だけど、やっぱり物語として面白く書かれているわけで読みやすいですし、そこから興味を持てればそれで良いかな、と思います。トンデモ本やトンデモ説も同様です。著者の考え方が多分に盛り込まれた『読み物』として、興味が持てるようになればそれで良しかと。

 

 

それともう一つ。大体のトンデモ本やトンデモ説は歴史の教科書に載るような事柄の裏を伝えることが多いですから、当然政権の中枢で起こっているような出来事をが取り上げられたりします。(中にはチンギスハン=源義経なんかの人物に特化したトンデモ説もありますが・・・)

 

そういう権力者達がどういう選択をするのか?何故、そういう選択肢を取ろうとしたのか??結果、どうなったのか・・・トンデモ説は、その出来事の根拠、流れなど等の『裏』を考えるヒントにもなることだってあるかもしれません。特に古代だと勝者によって書かれた文献が根拠になる場合も多く、どうしても納得できない部分が出てきますので。

 

それに、古代史を進めていくだけでも現代に通じるものが多くあります。その出来事の一連の流れは現代社会でも応用して今後の予測を立てるのに役立てるんじゃないか?と個人的には少なからず思っていたりします。歴史は過去を学ぶものじゃなく、未来を予測するためのものだと考えているので、そのヒントになりそうなものなら何でもオッケーです。

 

 

 

そんなわけで、私自身はトンデモ論・トンデモ説肯定派だったりします。記事を読んだ皆様はどうお考えになるでしょうか・・・?