日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

利用枠の上限について スポンサードリンク

鬼の話

前回、斉明天皇が崩御した朝倉橘広庭宮のことを調べてみる - で書いた「鬼」について調べていきます。

 

日本史から少しだけ脱線している気もしますが、当初伝わった頃の「鬼」のニュアンスが分かれば当時の人がどんな事に危機感を持っているのかが分かるのではないかと思います。rekishi-note.hatenablog.com

 

 

鬼の語源と由来

鬼の語源は「穏(おぬ)」「陰(おん)」が訛ったものと言われています。「鬼」が「おに」と呼ばれるようになったのは平安時代末期のようです。

 

元々は中国からの言葉で「人の亡霊や霊魂」などを表しており、6世紀後半頃に仏教と共に日本にやってきました。既に日本にいた「鬼」のような存在は神と表裏一体の「モノ」であり、中国からやってきた「鬼」や「仏教」と密接に結びついていったと考えられます。

 

鬼について初めて書かれた文献は713年に編纂を命じられ733年に完成した『出雲国風土記』とも720年に完成した『日本書紀』とも言われています(「鬼」の文字自体はもう少し遡ります)。

 

 

 

出雲国風土記での鬼の描写はどんなもの?

出雲国風土記』に出て来る阿用郷の鬼(あよのさとのおに)は一つ目の人食い鬼として確実に今でも通用しそうな「鬼」の描写がなされています。こちらの鬼は、鍛冶に携わることで片目を失明(炎を見続ける事による)した異能の民の身体的特徴を表していると言われています。

 

出雲と割と近い場所での鬼の伝説と言えば、桃太郎のモチーフになったとされる「鬼ノ城」での「温羅伝説」があります。温羅もまた「製鉄技術」をもたらした「渡来人」であるとも言われていて共通点があるように思います。どちらかの話が先かは分かりませんが、出雲か岡山まで伝わったうえで後世まで伝承として残っていても不思議ではありませんね。

 

「鬼ノ城」は白村江の戦い後にできた北九州から瀬戸内沿岸、畿内に至るまでの国土防衛施設の一つと考えられている説が有力視されていますが、鬼退治は第7代孝霊天皇の皇子・吉備津彦命(きびつひこのみこと)がしたとのこと。第2代天皇から第9代天皇までは欠史8代と言われ、実在するか確かではないと言われている理由の1つでもあるのでしょう。

 

 

 

 

日本書紀での鬼の描写を見てみよう

日本書紀』では、欽明天皇5年(544年)の項目に「彼嶋之人 言非人也 亦言鬼魅 不敢近之」(その島の人は人ではないと言う。また、鬼だと言うのであえて近づかず)「有人占云 是人 必為魅鬼所迷惑」(ある人が占いをしてこう言った。必ず鬼のために惑わされるだろう、と。)といった旨が書かれています。

 

 ※「邑」という文字には「むら、くに、みやこ」などの読み方があります。古代中国・殷の時代の制度から「邑制国家」なんて言葉がありますが、ここでも「村落」や「国」などの共同体のような意味で使われていたようですね。

 

 

実はこの欽明天皇の時期の「鬼」もまた、自分たちの文化や見た目の異なる異国人を指しているのではないかとの説が有力です。新潟県佐渡島の北の方にある「御名部の崎」で、ロシアの沿海州の辺りに住んでいたと思われる「粛慎(ツングース系の民族か?)」を指しているのではないかと考えられています。

 

さて、もう一つ。日本書紀に載っていた「斉明天皇」の場合ですが、見た目についての言及よりも「鬼火」や「疫病の可能性」に重きを置いた記述になっています。どちらかといえば「祟り」に対する恐怖を煽るような描写です。

 

 

 

鬼とはどんな者なのか?

(1)神道系…日本民族学上の鬼(祝福にくる祖霊や地霊)
(2)修験道系…山伏系の鬼、天狗
(3)仏教系…邪鬼、夜叉(やしゃ)、羅刹(らせつ)、地獄卒、牛頭鬼(ごずき)、馬頭鬼(めずき)など
(4)人鬼系…放遂者、賎民、盗賊など、人生体験の後にみずから鬼となった者
(5)変身譚系…怨恨、憤怒、雪辱などの情念をエネルギーとして復讐をとげるために鬼となった者


 (1)~(3)と(4)・(5)は微妙なかかわりは見せているがまったく別種であると記す。

鬼と呼ばれたものの頁で馬場あき子氏の「鬼の研究」で分類について載っていましたたので引用させていただきます。

  

おそらく『出雲国風土記』と『日本書紀』の欽明天皇に出てくる鬼は(4)の人鬼系に含まれ、斉明天皇の記述では(2)の邪鬼あるいは(5)変身譚系の情念エネルギーあたりに含まれると思われます。どちらかと言うと(5)が有力なようには見えます。

 

二つの文献で記述された「鬼」や「鬼の分類」を見ると、得体のしれない者や恨みつらみ・・・今でも通用しそうなことに恐怖を抱いていたことがわかります。また、神道系の鬼を見る限り「神」に近い「鬼」を垣間見ることができ「畏敬」の対象であることが伺えますね。

 

 

 

 

さて、今回は長くなりましたが、せっかくなので次回は斉明天皇の記述に対してもう少し突っ込んだ考察をしていきたいと思います。