日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

スポンサードリンク

八色の姓

再び、サイトで必要になったので「八色の姓」の詳細について書いていきます。いわゆる定義とか用語解説なので少々面白味はないかもしれませんが、出自や地位がある程度予測できるようになるので文献等を調べる際に役に立つように思います。

 

八色の姓とは、684年に新たに制定した8つの姓のことです。皇族の地位を確かにする+豪族たちのランク付けという目的で制定されています。

 

姓については古墳時代氏姓制度を以前記事にしているので参考にしてください。 

rekishi-note.hatenablog.com

 

 

  • 真人(まひと)・・・最高位の姓で、継体天皇(在位507年ー531年)の近親及びそれ以降の天皇や皇子の子孫に与えられた。

 

  • 朝臣(あそん・あそみ)・・・皇親以外では最も高い地位。壬申の乱で功績をあげた従来「臣」姓を持っていた者に与えた姓。古くは皇室から分かれたものが多いとされる。時代が下るにつれ功績をあげた者に対して下賜することが多くなったため、他の姓に比べると見かける事が多い(気がする)。

 

  • 宿禰(すくね)・・・主に、従来は「連」姓を持っていた者に賜与した者。こちらも時代が下るにつれ、功績をあげた者に与える場合もあった。日本神話に出て来る「天津神」「国津神」の子孫とも言われる神別氏族に当初は与えられていたそう。

 

  • 忌寸(いみき)・・・主に渡来系豪族、一部の国造に与えられた。

 

以下は制定したものの実際には与えられなかった姓です。

  • 道師(みちのし)
  • 臣(おみ)
  • 連(むらじ)
  • 稲置(いなぎ)

 

そのため、以上の4つはどのような豪族に与えようとしていたのかは不明です。

 

 

以上の8つが新たに制定された姓で、ランク的には「真人 > 朝臣宿禰 > 忌寸 >道師 > 臣 > 連 > 稲置」となっています。