日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

利用枠の上限について スポンサードリンク

長屋王の変を調べてみよう

 

前回の記事藤原氏の台頭の続きの様なものになりますが、今回は長屋王の変について調べてみる事にします。

 

藤原不比等が台頭する少し前、壬申の乱で大活躍をした皇族がいます。それが高市皇子(たけちのみこ)です。

 

藤原不比等を重用するきっかけになった天智天皇の子で天武天皇の妻である持統天皇でさえ、自身の子(=草壁皇子)や孫(軽皇子)を皇位に就けようと思っていても高市皇子がいる限り叶えることはできませんでした。高市皇子は、天皇説もあるほどの権力を持つ人物。今回の長屋王の変は、そんな政治の中心的存在だった藤原不比等高市皇子それぞれの息子達によるいざこざです。

 

今回は長屋王の変がどんな目的で実行され、どんな影響をもたらしたのかを調べていこうと思います。

 

 

壬申の乱で初期の頃から大海人皇子側に味方した、大海人皇子の息子・高市皇子がその後も政界の中心的存在となっていきます。天武天皇の死後、持統天皇が即位した後もそれは大きくは変わりませんでした。

 

ところが、そんな皇臣優位な状況の中でその拠り所となった高市皇子が死去します。その死後はというと、持統天皇の息子・文武天皇を擁立する際に功績をあげて力を蓄えていた藤原不比等が政界の中心的存在となったため次第に皇臣と藤原氏との間に亀裂が走ることになります。

 

バックについていた持統天皇の死後でも、宮中での力を持っていた妻・県犬養三千代と共に我が子と皇室との間に婚姻関係を結んでいっていたので、大きく失脚する事はありませんでした。高市皇子の息子・長屋王にも娘を送り込んでいます。

 

その関係もあって、不比等の生前は長屋王藤原氏はそこまで不仲ではありませんでした。生前の藤原不比等に次ぐ地位にも長屋王はついていました。ところが、藤原不比等の死後というもの、4人の息子たちと長屋王の間に決定的な亀裂が入りました。辛巳(しんし)事件です。

 

この事件は、聖武天皇の生母・宮子の尊称をどうするかで揉めた事件で、「大夫人(だいぶにん)」の称号を聖武天皇が勅として出したにもかかわらず、長屋王らが公式令では「大夫人」の称号なんてものはないからと撤回するよう求めたものです。実際に聖武天皇が勅を撤回する事になりました。

 

そもそも「皇后」は「皇」の文字が入っているように、皇族の中の人物から選ばれていました。一方の「夫人(ぶにん)」は「臣下の娘」であり「皇后」「妃」に次ぐ地位を表していたようです。厳密に尊称に関する規定の様なものが存在したわけで今回の「大夫人」の名称は皇族勢力や反藤原氏の貴族達にしてみると非常に出過ぎた事件だったのではないかと思われます。

 

藤原不比等の息子たち・藤原4兄弟は年若いことからそこまでの地位と言うわけでもなく、かつ例の辛巳事件に加えて藤原氏との血縁関係にあたる皇太子が夭折したことが続き、藤原氏が一気に劣勢となりそうな要素が出てきたわけです。そこで画策したのが安宿媛の皇后への昇格です。その際に、一番の障害となったのが長屋王。そこから長屋王の変に繋がりました。関係図と出来事について図にしたものを載せておきます。が、あまりにも入り組んでいるので見にくいです。

 

f:id:miumaga:20151011110409p:plain

 

 念のため、上の図を時系列順に並べておきます。

1.壬申の乱(672年)

   ⇒ 高市皇子が政界の中心人物(ただし、母親の出生から天皇とはなれず)

 

― この間に、草壁皇子立太子(680年)-

 

2.天武天皇崩御(686年)

3.大津皇子の変(686年)

 ⇒ 持統天皇の甥にあたる大津皇子を謀反の罪(冤罪)で自害に追い込んだ

 (草壁皇子の邪魔になるため?)---この頃に、藤原不比等持統天皇が接触??

4.持統天皇による称制(686-689年)

   ※称制=君主が死亡後、皇太子や妃が即位せずに政治を執る事

5.草壁皇子死去(689年) ⇒ 当然、自然死説の他にも他殺説が多々ある

6.持統天皇即位(689年)

7.高市皇子死去(696年)

 ⇒ 次の皇太子を決める際に、葛城王が「天皇の直系がなるべき」と壬申の乱

   同じく内乱へ発展する事を危惧して周りを諫めたエピソードがある

  (この後、葛城王は順調に出世していく)

8.文武天皇即位(697年)

9.文武天皇崩御(707年)

10.元明天皇即位(707年)

11.藤原不比等死去(710年) ⇒ 長屋王が台頭、辛巳事件へ

12.元明天皇元正天皇に譲位(715年)

13.元正天皇聖武天皇に譲位(724年)

14.聖武天皇藤原不比等の娘・安宿媛の間に基皇子が生まれ、生後1か月で立太子

  ⇒ 夭折 (藤原氏にとって危機感が芽生える)

15.安宿媛を皇后にさせようという動きに

16.長屋王の変

 

 

 こんな流れです。長屋王の変の後、安宿媛光明子と名前が変わり藤原氏念願の光明皇后として初めて皇族以外からの皇后となりました。

 

ところが、735年頃からの流行り病・天然痘に藤原4兄弟が次々とかかり死亡。更には、聖武天皇の即位後の自然災害等も絡まり、反藤原氏の筆頭である「橘諸兄」や藤原宮子が聖武天皇を生んだ後に患ったとされる病気の治療に当たった「玄昉(げんぼう)」という僧侶が政権の中枢部に入ることになります。

 

なお、この藤原宮子自身も実際の不比等の娘ではなくその口封じのために「病気」を理由に隔離していたのでは?なんて説もあるそうです。この「僧侶が政権中枢部に担った」という事実はその後の道鏡の政治にも結びついてくことになります。そして、その道鏡を退けるために皇族や貴族が藤原氏の力を利用していったりと複雑な力関係が伺えます。

 

なお、この長屋王の変では三つの関の守りを固めています。三つの関とは、鈴鹿三重県)・不破(岐阜県)・愛発(福井県)です。この時期、朝廷は東北を完全に把握しきっていません。つまりは反乱側が関の向こう側・東北やその近くの北陸に赴いて兵を集め対抗しようという意図が見え隠れします。国家にとって非常に危機的状況なのが伺えます。

 

 

 

なお、天智天皇を祀る神社・近江神宮天智天皇大津京の年表が詳しく載っていたので紹介しときます。