読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

利用枠の上限について スポンサードリンク

草壁皇子の死因は??

奈良時代

こんにちは。今回は宣言通り、前回の「長屋王の変」で出てきた持統天皇の息子・草壁皇子の死因についてです。これだ!という説が見当たらないので考察がメインです。ご了承ください。

 

持統天皇草壁皇子皇位につけたいがために、甥(姉・大田皇女の息子)でもある大津皇子を謀反の罪で自害に追い込んだのでは?との通説ですが、その大津皇子の変の2年ちょっと後には肝心の草壁皇子まで亡くなっています。

 

大体、この時期の平均寿命は生まれたばかりの頃に亡くなることが多かったので非常に短いものとなっていますが、成人した人に限ってみてみると奈良時代でも63歳なんだそうです(日本医学研究余話より)。

 

草壁皇子は既に幼少と言うわけでもなく27歳と体力的にも充実している時期で、長生きできる状況に足を踏み入れていたわけです。最も、子の文武天皇も早くに崩御していることから草壁皇子=病弱説もあるので、病死という事も当然あり得ます。が、こう次々に皇族が亡くなっているのがどうにもしっくりしないので、他殺説を中心に焦点を当ててみます。では、始まりです。

 

草壁皇子がいなくなることで得した人?それとも恨みを持つ人物が犯人か??

まず、第一に疑いの目がいくのがいなくなることで恩恵を享受した人。持統天皇が譲位した際に皇位継承権が高かった人物の背後が、犯人のちょっとしたヒントになるかもしれません。

 

 

この中の長皇子と弓削皇子は、母親・大江皇女が忍海造(おしぬみ)氏という雑工品部忍海部の伴造、つまりは小豪族出身の出身ということで皇位継承という点ではあまり重視されてはいませんでした。

 

本命は舎人皇子でしょう。軽皇子と比べると一段見劣りはしますが、新田部皇女の生まれは安倍氏の出。草壁皇子が亡くなった当時は軽皇子7歳、舎人皇子14歳ということでしたので期待がなかったとは言い切れません。

 

舎人親王のバックにいる安倍氏は、壬申の乱高市皇子を大津からの脱出時の功労者の一人。高市皇子との繋がりが見え隠れします。高市皇子天皇だった説もあり、686年からの称制時代あたりで持統天皇との間での権力闘争があった可能性もあります。

 

高市皇子は安倍氏や実家繋がりで宗像氏・三輪氏とも繋がりがありそうなのですが、一方の持統天皇は母親が蘇我氏で頼ることがほとんど出来ない状態、そんな中で味方になれそうな有力貴族として育てようとしたのが藤原氏だったのではないでしょうか?

 

本人たちはともかく大津皇子草壁皇子がライバル関係だと持統天皇が睨んでいる間は問題ないですが、大津皇子が亡くなったことで持統天皇側が集中的に力をつけられる状況になります。高市皇子にとっては拙い状況ではないでしょうか?そこで持統天皇の力をそぐ+睨みを利かせる目的で殺害したのでは、とも推測できます。

 

ただし、草壁皇子が亡くなった後で太政大臣高市皇子がついているので若干無理がありますね。太政大臣になった経緯がまったく見えません。「壬申の乱の様にならないように」と何らかの取引をしたのかもしれませんが、あくまでも想像のみです。

 

次に大津皇子の変で恨みを持つ人物・・・親しかった人物を見てみたいところですが、大津皇子と最も親しかっただろうと思われる川島皇子が謀反の密告したと言われていますし、肉親も両方いない状況です。兄弟と言えば草壁皇子高市皇子。ここでも高市皇子が出てきましたが、上記の通り決定打に欠けますね。

 

 

 

自殺説

自分の母親が自分を皇位に就けるために、母の姉が産んだ異母弟を殺害したかもしれないという状況で精神的に追い詰められたのでは?という説。

 

 

 

まとめ

今回で分かったことは『分からないことが分かった』『高市皇子があやしい』程度の物足りないものです。非常に申し訳ないまとめ方になってしまいますが。何しろ『天皇だったかもしれない説』という非常に不安定な土台の元で推論してきたので。

 

そして色々考察していくうちに至った個人的な意見としては「これだけの出来事が立て続けに起ったら、ストレスから十分免疫力が落ちる⇒病気がちになる=病死」も考えられるなという事です。

 

とにかく引き続き、文献・書籍読んでみたり新しい情報が入ったら改めて考察していきたいと思います(藤原氏側からではなく、持統天皇側からの視点から藤原氏の隆盛について見れたのは個人的に収穫でした)