読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

利用枠の上限について スポンサードリンク

桓武天皇の政治改革

平安時代

桓武天皇の主な功績と言えば、二回に及ぶ遷都と東北地方の安定化。これらの他にもいくつか政治改革を行っていますので、今回は桓武天皇含む、平安初期の政治改革について調べていきます。

 

まずは桓武天皇がこれだけの事業(二度の遷都と国家の支配範囲の拡大)を何故行えたのか?この点を考えてみたいと思います。

 

初めに先代天皇光仁天皇の業績。光仁天皇行財政の簡素化と公民の負担軽減などの政治再建政策に既に勤めていたことが挙げられます。

今の時代でも何処の国でもそうですが、前の指導者の政治が失政続きだとその時の尻拭いすることになり結果尻拭いした政権が「悪政を敷いた」と言われるような事があります。

 

次に元来桓武天皇天皇になるためではなく官僚としての出世を望まれていたこと。官僚になるために育ったという事は、恐らく当時の問題点を理解しやすい状況(命の危険に見舞われていたら自分のことや自分周辺に目が行きがちになることでしょう)で、且つ周りとの付き合いも官僚になるような人が多かったと思われます。人となりを知っていればこそ適材適所に人物を置くことが出来たのかもしれません。

 

最後に周りの貴族達が皇位継承争いよりも身内での闘争をしていたこと。藤原種次が暗殺されたのは仏教勢力の息のかかった者の仕業だけでなく北家の仕業ということも考えられます。既に皇族の中では藤原氏の血統を引くものが少なくなっていたこともあって皇位継承者争いよりも身内の権力争いを優先させることが多かったのではないでしょうか?

 

ここまでは私の推測でしかありませんが、当初は政治基盤の弱かった桓武天皇も既存の仏教勢力の排除(こちらは貴族や皇臣たちが協力的だったと思われます)に加え、上の3点が重なって桓武天皇はそれまでにしばらくなかった積極的な政治改革を実行できたのでは?と思います。

 

 

 

有名な政策は上の二つですが、桓武天皇の政策は他にもありました。特に地方の政治改革には力を入れています。また、それまでの令で対処しきれなくなった人員整理や税の改革など桓武天皇による制度改革は多岐に渡ります。

 

例えば、班田収授法。これは、大宝律令の・・・律令国家の根幹をなす制度で、6年に一度口分田を与えるというものです。その後、人口の増加などが原因で上手く回らなくなってきていたために、新たに開墾して土地を広げさせる法案として723年に三世一身法が、743年に墾田永年私財法が出された訳です。後からできた令はあくまで「新しく開墾した土地」に関する規定。班田収授法は701年から引き続き行われています。

 

ですが、庶民を見ると兵役・労役・租税の負担が 男>女 であるため男子の登録を少なくする偽籍が増えている状況、管理する側も煩雑な手続きで実施が困難になっている状況下にあり、桓武天皇朝では既に制度と実態が合わなくなる事態になっていました。

 

そこで班田収授法6年に一度とした口分田の整理を12年に一度とすることで手続きの回数を減らすことにしました。また、公出挙の利息を利率5割から3割に、雑徭の期間を60日から30日にすることにし、庶民にも管理側にも負担を減らすようにしましたが残念ながら効果はありませんでした。結局9世紀に入ると、30年・50年と班田が行われていない地域が増えることになります。

 

 

 

それと忘れてはいけないのが人員整理。令に定められていなかった新しい官職の事を令外官(りょうげのかん)と呼びますが、この令外官の一つ・勘解由使(かげゆし)を設けました。また、この際に定員外で増やしていた国司郡司を廃止しています。

 

勘解由使とは、国司在任中の税の徴収や税として納められた品々などの管理に問題がなかったことを証明する文書(=解由状)を新任国司が前任の国司に渡す時に不正がないかを監督する部署の者を言います。前任者はその解由状を式部省に提出しなければ次の職に就く事が出来なかったのです。

 

では何故その解由状を監督する必要があったか?というと、当然不正を行うものが多かったからです。

 

中央から派遣された国司は、『中央の代表者として』国司が治める国に住む者達から税を取る必要がありました。ところが、国司は集めた税をちょろまかして少ない金額を計上した書類(正確には違いますが)と現物を中央に渡すことにしていたのです。新任国司も前任者も口裏を合わせて「問題ないですよ」という解由状を作ることが横行していました。

 

国司の私服の肥やし方は他にもあります。743年の墾田永年私財法が施行されて以降開墾した土地が開墾者のものになるということで、国司が自らの土地として開墾させるために雑徭を農民達に課す場合もあったようです。とにかく不正が横行したことが国司のリストラと勘解由使設置に繋がりました。

 

さて、桓武天皇と言えばもう一つ有名な政策があります。健児(こんでい)の導入です。健児とは、少数精鋭の志願兵のこと。とにかく人数を割く必要のあった東北や九州を除く場所では、軍団と兵士を廃止して健児を採用しています。兵の質の低下を懸念して導入した制度です。

 

 

結局これらの政策は必要な改革ではあったのですが、十分に成果を上げるには至りませんでした。これらの改革は引き続き息子達、平城(へいぜい)天皇嵯峨天皇も引き継がれていきます。

 

 

 

 

※関連記事です