日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

スポンサードリンク

明治維新の英雄、西郷隆盛はなぜ西南戦争に巻き込まれたのか?

f:id:miumaga:20170916195444j:plain

2018年のNHK大河ドラマが西郷どん(セゴドン)に決まりました。

 

ちなみに、上記の写真は一説に要よると西郷隆盛でない説があるようです。

 

スポンサードリンク

 

 

西郷隆盛と言えば、大久保利通坂本龍馬高杉晋作と並んで、明治維新の英雄の一人に数えられます。そんな彼の生涯は、薩長同盟明治維新西南戦争だけでは語りきれない波乱な人生を送りました。

 

rekishi-note.hatenablog.com

若かりし頃は、二度の島送りを経験し、入水自殺を試みるまで追い込まれたり、薩摩の権力者である島津久光と仲たがいをしたりと壮絶な人生を送っています。そんな、西郷どんですが、多くの薩摩藩士に慕われてたぐいまれなる政治力の持ち主だったとされています。

 

幕末の討幕運動では隆盛が先頭に立ち、江戸まで追い詰めた維新軍でしたが、幕僚の勝海舟との会談により江戸城無血開城に導いた功績は今でも高く評価されています。

しかしその偉業も、新政府側からしてみれば、不満だらけだったと言います。

西郷は、幕臣が軍艦や兵器を持って逃げ出すことを見逃してしまいます。それが新政府側の不満につながったのです。

 

また、この無血開城以降西郷は、徳川宗家の寛大な処分を望むようになりました。

あれほど強硬路線を目指していたのが180度の転換を図ったのです。この路線転換は、現代になっても謎のままだと言います。

 

明治維新後も、岩倉具視、大久保らの政府トップが海外視察に出ている間に朝鮮半島を武力で制圧しようとする考えの征韓論を掲げて、帰国した大久保らに反対され下野します。

 

その後に、今度は不平不満の士族を集めて明治政府に西南戦争を仕掛けます。

 

明治維新後、士農工商から四民平等になり、武士も士族へと名称を変えいきます。あるものは、剣術師範になったり、警察官になったりとしたのですが、多くの下級武士たちは生活が成り立たず新政府への不満がくすぶっていきます。

 

rekishi-note.hatenablog.com

そんな士族たちの不満を解消しようと国外へ不満の爆発先を求めてでの征韓論だったそうです。しかし、それで西郷は下野してしまうので、最後には国内で一大戦争を引き起こして不平士族を道連れに華々しく散っていきます。

 

はたから見れば、貧乏士族を道連れになんてと思いますが、士族=武士です。行き場のなくなった彼らに死に場所を与えてやりつつ、新政府はこれを鎮圧することで、政府に対する不満分子が一掃されると言うのが、この西南戦争の一般的な見解のようです。

 

rekishi-note.hatenablog.com