日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

元号の歴史

今更感もありますが、今年はいよいよ改元…ということで、これまでの元号を振り返っていきます。

西国最大勢力を誇った大内氏と大内義隆

大内氏は日本の大名では珍しく、百済の王族の末裔と自称していました。 先祖代々、周防国府を世襲した官人から守護大名になり、戦国大名に成長し、周防・長門・石見・豊前・筑前守護職を歴任し、大内義隆の時代には最盛期をむかえ独自の文化も形成しました。

ロシアのバルチック艦隊を撃破した日本艦隊のやってのけた作戦とは!?

近代戦争で最も大きな金星は、日露戦争でしょう。 その中でも【日本海海戦】は、日露戦争の勝敗を決めた戦いとも言われており、その後の日本海軍のターニングポイントともなりました。 rekishi-note.hatenablog.com

細川政元のクーデター明応の政変

<画像wikipediaより引用> 応仁の乱の混乱の中、近江を支配していた六角氏の荘園略奪が目に余ったので、9代将軍・義尚は、六角征伐を行いますが志半ばで死去します。 そうなると、将軍家では再び後継者問題が起こります。

徳川家康の父・松平広忠の悲運な人生に迫る

家康の父・松平広忠の人生を調べていきます。 家康の父親の動きが分からないと、 『家康が何故若い頃に今川氏の影響下にいたのか』 『家康が織田氏とどう繋がりがあったのか』 が分かりにくいので、折角ですから松平広忠の人生を詳しく取り上げていきます。

豊臣秀吉の出世人生!!どのようにして天下人となったのか??

日本の歴史上、超が付くほどの大出世をした人と言えば、豊臣秀吉をおいて他にいません。歴史上有名な人物でも、織田信長・徳川家康につぎ豊臣秀吉の名が上がってきます。 秀吉は、農民の出でありながら、織田信長に仕えドンドンと頭角を現していきます。 そ…

三好氏と畿内の覇権争いをしていた六角氏の戦国時代

応仁の乱の余波が全国に広がると、諸国では国人衆や地侍と言った階層の者たちが、室町幕府の奉公衆や公家、寺社の荘園を武力で奪い取って行きました。 rekishi-note.hatenablog.com

張作霖爆殺事件とは??

張作霖 前回の記事とはだいぶ時代が変わりますが、1928年に日本の関東軍によって(中国の)奉天軍閥トップ・張作霖が爆殺された事件に焦点を当てて調べていこうと思います。 この事件に関しては日本は嵌められたのでは?という異説も存在していますが、一般…

織田信長の壮絶なる人生に迫る!!

信長関連の記事はこれまでも書いてきたのですが、その生涯について迫った事がなかったので、今回は織田信長の一生について迫っていきたいと思います。 非常に密度の濃い人生を送った人物なので、長文になりましたがお付き合い下さい。

江戸城を築城した悲運の名将太田道灌

太田道灌は、1432年に相模守護代・太田資房の子として生まれました。 太田家は、代々関東管領を世襲していた上杉家の中の扇谷上杉家の執事を務めていました。上杉氏は、元々藤原氏からの支流のひとつで、藤原重房が京都から鎌倉へ行き、【上杉】姓を賜った事…