日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

三好氏と畿内の覇権争いをしていた六角氏の戦国時代

応仁の乱の余波が全国に広がると、諸国では国人衆や地侍と言った階層の者たちが、室町幕府の奉公衆や公家、寺社の荘園を武力で奪い取って行きました。 rekishi-note.hatenablog.com

張作霖爆殺事件とは??

張作霖 前回の記事とはだいぶ時代が変わりますが、1928年に日本の関東軍によって(中国の)奉天軍閥トップ・張作霖が爆殺された事件に焦点を当てて調べていこうと思います。 この事件に関しては日本は嵌められたのでは?という異説も存在していますが、一般…

織田信長の壮絶なる人生に迫る!!

信長関連の記事はこれまでも書いてきたのですが、その生涯について迫った事がなかったので、今回は織田信長の一生について迫っていきたいと思います。 非常に密度の濃い人生を送った人物なので、長文になりましたがお付き合い下さい。

江戸城を築城した悲運の名将太田道灌

太田道灌は、1432年に相模守護代・太田資房の子として生まれました。 太田家は、代々関東管領を世襲していた上杉家の中の扇谷上杉家の執事を務めていました。上杉氏は、元々藤原氏からの支流のひとつで、藤原重房が京都から鎌倉へ行き、【上杉】姓を賜った事…

だれも知らなかった縄文人の恋愛事情

みなさん、恋はしていますか?? 誰もが、これまでの人生多かれ少なかれ恋をしてきたのではないのでしょうか? 時代や文化も違えば価値観も違い、恋愛事情も違うはずです。 貴族社会の平安時代では、家柄の優劣は恋愛において大きなポイントとなっていました…

空白の4世紀について

平成30年11月27日、4世紀末から5世紀初め頃に建てられた『大壁建物』と呼ばれる渡来人由来の建築物が奈良県の市尾カンデ遺跡で見つかったという発表がありました。 4世紀末から5世紀頃と言えば、日本は『謎の4世紀』と言われる時代。 渡来人が移住したとされ…

仮想通貨と宋銭の意外な関係性!?

仮想通貨とは、ネットワーク上で電子的な決済の手段として流通している、国家による裏付けのない通貨の事を言います。 2017年12月のビットコインの価格高騰を機に、日本でも仮想通貨が話題となり、2018年のコインチェックによるネム流出事件などが記憶に新し…

戦国時代の三大暗愚、大内義隆・今川氏真・細川政元

応仁の乱を発端に、約150年に及んだ戦国時代では、多くの戦国武将がいました。 戦国三傑と呼ばれる、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康などはその飛び抜けた能力で、数々の偉業を成し遂げました。英雄もいれば、その逆の暗愚もまた存在しており、後世に名を残し…

明治天皇すり替え説の検証

明治天皇は孝明天皇の第二皇子として、睦仁親王と呼ばれていました。 1867年、孝明天皇の突然の崩御に際して、満14歳と言う若さで皇位に就き、その直後に江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜から大政奉還の上奏を勅許するなど、明治維新において重要な役割を果たし…

どうして強国たちは日本を植民地にできなかったのか??

16世紀にヨーロッパでは羅針盤と造船技術が発達し、各国が大西洋やインド洋を横断して、新しい大陸を発見し競い合うように植民地化して行きました。 18世紀中頃から19世紀になると、その地域は東南アジアに広げられて、わが国のある東アジアまで迫っており、…