日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

江戸時代、幕藩体制が揺らいだ理由とは??

園部藩参勤交代図(南丹市文化博物館蔵) wikipediaより 1853年にペリーが来航し、日米間の条約が結ばれたのを皮切りに一気に開国へと突き進みました。その後、明治維新を経て日本も近代国家への仲間入りとなったわけですが、明治維新を行う原動力は外国に対…

小氷期だった江戸時代の人々はどのようにして寒さをしのいでいたのか?

近年では戦国時代の始まりについて、新しい説がささやかれています。 14世紀半ば~19世紀半ばまで、地球規模でミニ氷河期(小氷期)であったとされています。中でも、15世紀~17世紀初頭までは特に気温が低く、温度的には2℃~3℃くらいの差ではありますが、農作…

江戸幕府の主な役職

徳川家康が征夷大将軍となった際に、約260人の大名と主従関係を結びました。そして、徳川家が行っている政権を幕府と呼び、大名家の治める所を藩と呼びます。 このように、強力な領主権を持つ将軍と大名による幕府と藩が土地と領民を統治する支配体制を幕藩…

【こどもの日】端午の節句の歴史

2019年5月5日は、元号が変わった令和初めの子供の日になります。 ゴールデンウイークが近づくにつれて、地域によりますが色とりどりの鯉のぼりが大空を泳ぎだします。5月5日は【端午の節句】でもなじみ深いですが、その由来や歴史は意外と知らない人が多いの…

幕府創設者たちの家系図を見てみよう

清和天皇像 wikipediaより 858年から876年まで在位していたのが清和天皇。清和天皇は子沢山でして、そのうちの子孫が臣籍降下したことで清和源氏へと続いていったと言われています(清和天皇ではなく息子の陽成天皇から続く血筋が清和源氏とする説もあります…

日本での眼鏡の歴史

私がメガネをかけ始めたころは、一本25000円以上した上にデザインもいまいちでしたが、現在は視力に関係なくファッションの一部としてメガネが認知され、デザイン性が高い商品がたくさん出てきました。 うん十年と前からメガネをかけてきた私ですが、その歴…

箪笥(タンス)の歴史は江戸の火事にあった!?

最近では和箪笥の姿がすっかり見なくなり、チェストと呼ばれる洋風なタンスが幅を利かせるようになりました。海外では【TANSU】と呼ばれるほど和箪笥が人気で、特に江戸時代から明治、大正、昭和初期までに作られた【時代箪笥】と呼ばれるアンティーク物は高…

徳川家康による江戸の街作り

小田原の北条氏が滅んだ後、1590年に関白・豊臣秀吉により関東への転封を命じられた徳川家康。この頃の江戸は、太田道灌が建てた江戸城はありましたが、広大な湿地帯が広がり、人口も小田原に比べれば少なく、当時の大大名家康にはふさわしいと言えない地域…

歴代天皇を紹介しながら日本史の流れを追う

日本最古の天皇といわれる神武天皇から今上天皇まで、128人の天皇が日本の歴史を見守ってきました。穏やかな人生を送った天皇もおられれば、波乱万丈の人生を送った天皇もおられます。 2019年4月1日に新元号も【令和】と発表になりましたが、今日は歴史の流…

改元の理由と元号のルール

2019年4月1日、新元号が【令和】と発表されました。 これによって、5月1日の皇太子さまが天皇の即位ともに改元が行われ、平成から【令和】の時代へと移ります。日本では、これまで1300年以上にわたり247の元号が定められ、令和が248個目の元号となります。