日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

弥生文化の始まりはもっと早い時期からだった!?

弥生時代は、水田稲作農耕の文化が大陸・半島から日本列島に伝来したことから始まります。 日本での水田農耕文化は九州北部で始まったとされており、その始まりも紀元前5世紀頃とされていましたが、近年の研究でその時期が紀元前10世紀後半との説が有力にな…

空白の4世紀の間で日本で何が起こったのか?

平成30年11月27日、4世紀末から5世紀初め頃に建てられた『大壁建物』と呼ばれる渡来人由来の建築物が奈良県の市尾カンデ遺跡で見つかったという発表がありました。 4世紀末から5世紀頃と言えば、日本は『謎の4世紀』と言われる時代。 渡来人が移住したとされ…

アスファルトは縄文時代の生活に使われていた!?

アスファルトは、道路舗装などで使用されている材料ですが、その歴史はとても古く縄文時代の日本でも接着剤として天然のアスファルトが使用されていたことが分かっています。 世界で天然のアスファルトが使用され始めたのは紀元前3800年頃で、チグリス・ユー…

7万年頃の縄文時代の気候変化

今からおよそ7万年前に、それまでは温暖だった気候が世界的に寒冷化していき、およそ1万年前までヴュルム氷期という氷河期が断続的に続くことになります。 そんな氷河期が長い間続きますが、2万年前から徐々に暖かくなる兆しが見えてくるようになりました…

大化の改新と律令国家の形成

飛鳥時代後期から平安時代初期にかけて日本は律令国家でした。 律令国家とは、【全ての国民と国土は、天皇の支配を受ける】とおり、天皇を中心とした中央集権を目指した政治体制の事を指します。 中大兄皇子達が乙巳の変により蘇我入鹿・蝦夷親子を滅ぼし、6…

飛鳥朝廷と聖徳太子【厩戸王】の国家改革

空白の4世紀を経て日本が史料的に登場するのが、5世紀を迎えた頃です。 ヤマト政権という連合政権が登場し、大王たちを中心に支配されており、その範囲は九州から北関東まで広げていたそうです。5世紀後半には、 倭の五王(讃・珍・済・興・武)と呼ばれる5人…

古墳の出現とヤマト政権誕生

Liselotte BrunnerによるPixabayからの画像 弥生時代後期には、小国を治め支配者たちの大きな墳丘をもつ墓がいくつもの作られていましたが、3世紀後半になると西日本を中心にそれよりも大きな前方後円墳などの古墳が誕生します。 古墳の中には、長い木棺を竪…

稲作の伝来、弥生文化の誕生

日本列島で縄文文化が発展していた頃、中国大陸では紀元前6500年~5500年頃にかけ、黄河中流域でアワやキビなどの農耕文化が起き、長江流域では稲作も始まりました。 さらに、鉄器の使用が盛んになり、春秋戦国時代には農業も著しく進み、紀元前3世紀には前…

人類の誕生と日本の文化の始まり

人類の祖先は、今から約500万年前の地質時代区分でいうと第三紀の終わりころに表れます。猿人・原人・旧人と進化の段階を経て、現代人と遜色ない新人が登場するのは、数万年前と考えられています。 新人たちは、野生の動植物を狩猟・採取して生活をし、更…

令和に入る前に、平成30年の歴史を振り返る

平成もいよいよ4月30日には終わり【令和】の時代がやってきます。 今回の元号改正は、天皇崩御のためではなく、今上天皇自らが生前退位のご意向を述べられ実現しました。そのため、昭和から平成に変わった時とは違い、日本全体が【令和祭り】のようなめでた…