日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

明治時代

明治初期の国際問題 【不平等条約改正と征韓論~西南戦争まで】

明治政府の外交課題は、幕末から引き継がれていた不平等条約の改正が最重要課題でした。 そのため、1871年(明治4年)に岩倉具視を大使として、木戸孝允・大久保利通・伊藤博文らの岩倉使節団がアメリカやヨーロッパに派遣されました。

明治新政府による改革と中央集権体制の強化

明治政府が真っ先に取り組んだのが、天皇を中心とする政権体制を固める事でした。 まずは、諸藩に領地と領民を天皇に返す版籍奉還で、薩長土肥が手本を見せて行いました。旧藩主たちには石高の代わりに、家禄(給料)を与えて引き続き藩政を任せました。 しか…

日本社会を変えた世界の【産業革命】

「産業革命」は、技術の発展や資本家と労働者の関係など新しい社会を作りだしました。 イギリスを皮切りに起こった【産業革命】は、徐々に世界を大きく変えていくことになります。

自由民権運動の中心人物であった板垣退助が近代国家形成のきっかけを作る

自由民権運動は大政奉還後の明治維新という政治制度の変化の中で、国の民である国民の自由と権利を保障するための政治的な取り組みのことを言います。 自由民権運動は当時、薩摩藩や長州藩などの特定の藩の出身者が政治を行っていることを批判して行われた運…

明治の文明開化で変わった日本の生活様式

大政奉還によって政権が徳川幕府から天皇に変換されました。 このような政治の変化により、文化にも影響を及ぼすことになります。その文化的な変化が文明開化と呼ばれているものです。 江戸時代が終わり、明治政府がスタートすると、日本人の生活は西洋を意…