日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

足利尊氏 vs. 弟の直義!!観応の擾乱に迫る

室町時代の内乱といえば応仁の乱が有名ですが、応仁の乱以前にも全国規模の内乱が起こっています。 特に大きな戦乱だったのが、観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)です。簡単に言ってしまえば足利尊氏と弟の直義(ただよし)による壮大な兄弟喧嘩なのです…

酔った勢いで土岐氏断絶危機に!?【土岐頼遠】

土岐頼遠は鎌倉時代末期から南北朝時代に活躍した武将です。 かなりの破天荒ぶりを発揮していて衝撃的な人物なのですが、あまりメジャーな時代じゃないために埋もれがちな土岐頼遠を紹介していきます。

島津義久の九州統一戦と豊臣秀吉の九州討伐戦

龍造寺氏を倒した島津氏は、北九州の勢力も傘下に加え、九州統一を着実に進めます。一方で、島津氏に初戦でやられ、大人しくしていた大友氏は龍造寺氏の崩壊に乗じて、立花道雪を派遣し、北九州の旧龍造寺領へ侵攻します。 立花道雪の留守を狙い秋月氏の軍勢…

戦国時代・九州地方の三国志

1582年に中央では、本能寺の変で織田信長が明智光秀に打たれる事件がありました。 その頃、九州地方では島津、大友、龍造寺氏の大名家が九州の覇権を取ろうと切磋琢磨していました。この3大名家で初めに衝突したのが、島津と大友氏でした。 rekishi-note.hat…

島津氏、大友氏、龍造寺氏による九州地方の三国鼎立時代

戦国時代は、日本中が戦乱に明け暮れた時代でした。 これまで、関東や東北、近畿地方などの状況を紹介して来ましたが、九州や四国地方にも目を向けてみたいと思います。 今日紹介する九州地方では、大きな大名家が三家も台頭しことから【九州の三国時代】と…

南北朝の動乱のはじまりは??

南北朝時代(日本)wikipediaより 室町時代は同じ武家政権の鎌倉時代や江戸時代と比べると安定してない印象を受けますね。そのイメージの原因の大半は戦国時代が始まったことが大きいです。そしてもう一つ。室町時代の開始と共に南北朝の動乱で朝廷が分裂し…

幕末の雄・長州藩毛利氏と戦国大名毛利元就の台頭

毛利氏の始まり 毛利氏は、源頼朝の側近として鎌倉幕府の政所の初代長官として幕府創設に貢献した大江広元が祖とされています。この多大なる功績を残した広元が得た所領のうち、相模国の毛利荘を息子の季光が毛利と名乗ったことから歴史が始まります。 毛利…

徳川家康の生涯【本能寺の変以降】

織田信長の横死した1582年の本能寺の変以降、政権の中心に立ったのは羽柴(豊臣)秀吉でした。本能寺の変以降の羽柴政権後、家康がどのように天下を掌握したのかをまとめていきます。 rekishi-note.hatenablog.com

徳川家康の生涯【幼少期~本能寺の変まで】

最終的に天下統一を果たし、その後太平の世にする礎を作った徳川家康。忍耐の人というイメージの家康がどんな人生を送ったのかを調べていきたいと思います。 幼名が竹千代だったのは割と有名なので幼名の頃は竹千代で行きますが、それ以降は名前がややこしい…

仙台藩初代藩主までになった伊達政宗の生涯 ②

前回の記事では、伊達政宗が南奥州の覇者となった所まで書きました。 rekishi-note.hatenablog.com 今日は、豊臣秀吉政権下での伊達政宗を見て行きたいと思います。

仙台藩初代藩主までになった伊達政宗の生涯 ①

歴史小説やドラマ、今ではゲームでも織田信長・豊臣秀吉・徳川家康に負けないくらい人気の伊達政宗。以前、伊達氏について政宗の事を少しだけ書きましたが、人気が人気だけにひとつの記事にしようと言うことで人物伝として、伊達政宗にスポットを当てていき…

東北の雄、伊達氏の登場と東北の勢力争い

東北地方(奥州)は、平氏政権・室町幕府などの近畿地方ほ政権下では、政権中心から遠いため、独立的な勢力が生まれていました。しかし、鎌倉幕府・江戸幕府のような関東地方の政権では、東北地方までその影響が届いていました。

甲斐の虎・武田信玄の生涯を見てみよう

室町時代の甲斐の国は非常にゴチャゴチャしてややこしい混乱の時代でした。その甲斐の国の守護を世襲していたのが武田氏で、甲斐源氏宗家の家系です。 この時代、どこの大名家でもお決まりなのがお家騒動。武田宗家の内部争いは国人勢力だけでなく山内上杉氏…

親子二代の下克上、斎藤道三の美濃統一への道

織田信長が美濃攻略後に拠点とした岐阜城は、鎌倉時代の1201年に二階堂行政が築城したとされています。 室町時代に入ると、美濃国の守護・土岐氏の守護代である斎藤氏が、それまで廃城となっていた稲葉山城を修繕し居城としました。 rekishi-note.hatenablog…

戦国時代直前の甲斐の国を見てみよう

戦国大名それぞれの人物伝をお話しする前に、当時その土地がどんな状況だったのかを把握していなければ話が進まないので、今回は戦国時代直前の甲斐の国について調べていきます。

上杉禅秀の乱について

室町時代、1416年の関東地方で起こった鎌倉公方と対立する前関東管領・上杉氏憲(禅秀)による反乱です。 武田信玄絡みで甲斐の歴史を紐解いていくと、どうしても避けられないこの戦乱についてまとめていきたいと思います。

分国法、今川仮名目録の名門・今川氏の台頭と衰退

今川氏は、清和源氏の流れを汲み、南北朝の争いでは今川頼国が尊氏側の北朝に属し、各地で戦功を上げました。この功績で、丹後・但馬・因幡の守護に命じられ、因幡今川家としてその勢力を伸ばしました。また、頼国の末弟の今川範国は足利尊氏の近くで多くの…

元号の歴史

今更感もありますが、今年はいよいよ改元…ということで、これまでの元号を振り返っていきます。

西国最大勢力を誇った大内氏と大内義隆

大内氏は日本の大名では珍しく、百済の王族の末裔と自称していました。 先祖代々、周防国府を世襲した官人から守護大名になり、戦国大名に成長し、周防・長門・石見・豊前・筑前守護職を歴任し、大内義隆の時代には最盛期をむかえ独自の文化も形成しました。

ロシアのバルチック艦隊を撃破した日本艦隊のやってのけた作戦とは!?

近代戦争で最も大きな金星は、日露戦争でしょう。 その中でも【日本海海戦】は、日露戦争の勝敗を決めた戦いとも言われており、その後の日本海軍のターニングポイントともなりました。 rekishi-note.hatenablog.com

細川政元のクーデター明応の政変

<画像wikipediaより引用> 応仁の乱の混乱の中、近江を支配していた六角氏の荘園略奪が目に余ったので、9代将軍・義尚は、六角征伐を行いますが志半ばで死去します。 そうなると、将軍家では再び後継者問題が起こります。

徳川家康の父・松平広忠の悲運な人生に迫る

家康の父・松平広忠の人生を調べていきます。 家康の父親の動きが分からないと、 『家康が何故若い頃に今川氏の影響下にいたのか』 『家康が織田氏とどう繋がりがあったのか』 が分かりにくいので、折角ですから松平広忠の人生を詳しく取り上げていきます。

豊臣秀吉の出世人生!!どのようにして天下人となったのか??

日本の歴史上、超が付くほどの大出世をした人と言えば、豊臣秀吉をおいて他にいません。歴史上有名な人物でも、織田信長・徳川家康につぎ豊臣秀吉の名が上がってきます。 秀吉は、農民の出でありながら、織田信長に仕えドンドンと頭角を現していきます。 そ…

三好氏と畿内の覇権争いをしていた六角氏の戦国時代

応仁の乱の余波が全国に広がると、諸国では国人衆や地侍と言った階層の者たちが、室町幕府の奉公衆や公家、寺社の荘園を武力で奪い取って行きました。 rekishi-note.hatenablog.com

張作霖爆殺事件とは??

張作霖 前回の記事とはだいぶ時代が変わりますが、1928年に日本の関東軍によって(中国の)奉天軍閥トップ・張作霖が爆殺された事件に焦点を当てて調べていこうと思います。 この事件に関しては日本は嵌められたのでは?という異説も存在していますが、一般…

織田信長の壮絶なる人生に迫る!!

信長関連の記事はこれまでも書いてきたのですが、その生涯について迫った事がなかったので、今回は織田信長の一生について迫っていきたいと思います。 非常に密度の濃い人生を送った人物なので、長文になりましたがお付き合い下さい。

江戸城を築城した悲運の名将太田道灌

太田道灌は、1432年に相模守護代・太田資房の子として生まれました。 太田家は、代々関東管領を世襲していた上杉家の中の扇谷上杉家の執事を務めていました。上杉氏は、元々藤原氏からの支流のひとつで、藤原重房が京都から鎌倉へ行き、【上杉】姓を賜った事…

だれも知らなかった縄文人の恋愛事情

みなさん、恋はしていますか?? 誰もが、これまでの人生多かれ少なかれ恋をしてきたのではないのでしょうか? 時代や文化も違えば価値観も違い、恋愛事情も違うはずです。 貴族社会の平安時代では、家柄の優劣は恋愛において大きなポイントとなっていました…

仮想通貨と宋銭の意外な関係性!?

仮想通貨とは、ネットワーク上で電子的な決済の手段として流通している、国家による裏付けのない通貨の事を言います。 2017年12月のビットコインの価格高騰を機に、日本でも仮想通貨が話題となり、2018年のコインチェックによるネム流出事件などが記憶に新し…

戦国時代の三大暗愚、大内義隆・今川氏真・細川政元

応仁の乱を発端に、約150年に及んだ戦国時代では、多くの戦国武将がいました。 戦国三傑と呼ばれる、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康などはその飛び抜けた能力で、数々の偉業を成し遂げました。英雄もいれば、その逆の暗愚もまた存在しており、後世に名を残し…