日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

なぜ日本は不利と言われた日清戦争と日露戦争に勝てたのか?

f:id:miumaga:20171209223003j:plain

明治維新から20年あまり、富国強兵により急速に国際化を進めてきた日本にとっては、近隣諸国との良好な関係構築は急ぎの課題でした。

 

しかし、周囲の国は政治的に不安定な朝鮮半島をめぐり日本と利権を争っていた大国・清や北方に広大な国ロシアが領土拡大を狙っており、当時の日本の立場は困難な状況にいました。

 

スポンサードリンク

 

 

その結果、日本は近代国家の建設後わずか40年未満で近代戦争を2つ経験することになります。

 

それが、日清戦争日露戦争です。

 

この日本史で必ず出てくるこの戦争は、蒸気機関で走行する戦艦速射砲が本格的に戦線に登場すると言う意味では非常に画期的な出来事でした。

 

さて、島国日本が最終的に2大国に勝利することになった戦争は、いずれも開戦時における国際的な下馬評は圧倒的に日本は不利でした。

 

 

日清戦争では、清は衰えを見せていたとはいえ東洋一の大国であり、その兵力は欧州の列強国でさえ凌駕する実力がありました。

 

日本がそんな強国に勝てた理由は、日本軍の編成や指揮系統がシンプルで最新だったことがあげられます。

清の軍事組織は、広大な中国大陸をカバーするために、地方軍を独立させなくてはいけなく、指揮系統が一本化されていませんでした。さらに、官僚政治の腐敗が原因で軍隊の士気が極限まで低下しており、戦わず敗走する例が多くありました。要するに、負けるべくして清は負けたのです。

 

 

一方で日露戦争の場合は、ちょっと事情が違うようです。

 

具体的には、日本と言う国家が国際社会での発言力が向上していた事と、清と李氏朝鮮の弱体化を見たロシアがあからさまな領土拡大を始めていました。その動きに、イギリスの極東政策と日本側の思惑が一致して、日本にとって最初の軍事協力を含めた対等の条約である日英同盟が成立しました。

 

日露戦争の規模は、日清戦争に比べてもはるかに大きく、その戦費も日清戦争に比べものにならないほどの高額になりました。具体的な数字は、日清戦争2億3000万円に対して、日露戦争15億円以上とも言われています。

 

戦費が高騰した背景には、陸海軍に近代化を進めてきたことが大きいでしょう。特に海軍は、軍艦建造における先進国であるイギリスの強力な後押しにより、イギリス海軍より優秀な最新鋭戦艦や装甲巡洋艦を作ったのが大きかった言えるでしょう。

 

 

日清戦争で日本が清の北洋艦隊を圧倒したことが戦局の行方を左右したのと同じく、日露戦争では、ロシアの太平洋艦隊を早い時期に壊滅させたことがポイントでしょう。

海軍力を事実上失ったロシアは、本国から主力のバルチック艦隊を呼び寄せることになるのですが、日本に航行中イギリスの妨害もあり、回航に半年以上もかかり、日本と戦う頃には兵員の士気が著しく低下しており、最終的には日本に大敗を喫すことになります。

 

日本が日露戦争で勝利できたのは、地の利があったという事と、兵器や戦艦等の装備が最新鋭だったことがあげられます。そして、日清戦争同様にロシアの政権内部が腐敗しており弱体化してた事による国内の混乱もその要因の一つと考えられます。

 

 

 

データで見る2つの近代戦争

 

日清戦争 兵力比較

 日本 兵力  清  
 約24万人  陸軍兵力  約63万人
 軍艦28隻(6万トン)  海軍兵力  軍艦82隻(8.5万トン)

兵力は、3分の1しかなかった日本でしたが、相手側の自滅により日本軍の勝利となる。

 

日露戦争 兵力比較

 日 本    ロシア
 37万㎢  国土  2400万㎢
 約4600万人  人口  約1億2000万人
 約2億9000万円  歳入  約20億8000万円
 約20万人  常備兵力  約300万人
 約100万人  投入兵力  約100万人
 15億円  戦費  22億円
 約23トン  海軍力  約60万トン

このデータを見る限りでは、日本には勝ち目がなかったと誰もが思う数字です。よく日本は戦おうと決意したのものです…

 

 

rekishi-note.hatenablog.com

 

rekishi-note.hatenablog.com