日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

日本の首都が東京ではなく広島だった時期があった!?

f:id:miumaga:20171211202525j:plain

日清戦争は、朝鮮に対する宗主国として立場を主張する清とその宗主国を否定して朝鮮から清を排除しようとする日本との対立が主な原因です。

 

そして、その主戦場は朝鮮半島とその周辺海域になると誰もが予測していました。

スポンサードリンク

 

この戦争は、日本が初めての国際的な戦いでその周辺事情も困難の連続でした。

 

明治20年代の日本は、交通インフラも十分に整ってなく、人員や物資などは全国へ運ぶこともままならない状態でした。そんな状況の中で、日清戦争が始まることを受けて、政府はまず指令系統の整備と前線への補給路の確保から始めました。

 

 

日本初めての戦争準備の第一歩は、総司令部の設置でした。

 

これが日本国軍の最高統帥機関で新たな組織となる【大本営】です。

大本営1893年(明治26年)に、参謀本部に設置されて、明治天皇が直接指揮を執ることを前提に皇居内へ移転します。

 

ところがこの大本営に不都合が生じます。

 

明治26年現在日本では、無線電信は存在しておらず、有線による電信も大都市間だけで十分な設備が整っていませんでした。交通手段も、上記に書いたと通り、インフラも十分ではなく、山間部に関しては江戸時代とさほど変わらない交通事情でした。

要するに、日清戦争開戦前に前線への指揮系統があまりにも長すぎたのです。

 

そこで政府は思い切って、大本営をより前線に置き指揮を執りやすい場所へと移設することにしました。その選ばれた場所が広島でした。この広島は、陸軍第5師団の本拠地であり、1890年(明治23年)には、海軍呉鎮守府も設置されていました。

 

これらに付随して、広島港をはじめとする近隣の湾岸整備が急ピッチで進められて、大型船の入港が可能になり、物資の集積場所なども十分に確保されることになります。

 

また、 1894年(明治27年)には、山陽鉄道が広島まで開通したことも大きな理由でした。

 

 

こうして大本営は、広島に移転準備を始めて、本部建物などは広島城内にあった、陸軍第五師団司令部がそれに代わりました。1894年7月25日には、東シナ海で警戒中の海軍第一遊撃隊と清国海軍が交戦し、29日には京城に駐屯していた陸軍部隊も清国と交戦したことで事実上の日清戦争の開戦となりました。

 

そして、明治天皇は9月8日に大本営のある広島移転を発令し、9月13日には東京の皇居から広島城へと移転して、2日後には天皇も広島入りをしまいした。これ以降、明治天皇は広島に滞在することになります。

 

天皇が広島に移転したことで、それに付随する行政機関などもすべて広島へ移動することになりました。さらに10月に開かれる予定であった第7回帝国議会の際にも東京へ戻ることもなく、全ての国会議員を広島へ招集して、臨時議事堂を建設したうえで開催されました。

 

まさにこの時広島は、事実上の日本の首都だったのです。

 

広島大本営は、通信手段が未発達だった時代の応急的な処置ではありましたが、歴史上まれにみる例であることは間違いはありません。

 

rekishi-note.hatenablog.com