日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

犬猿の仲だった薩長が同盟締結!!坂本龍馬の仲介による薩長同盟

f:id:miumaga:20180124205520j:plain

八月十八日の政変以降、仲が悪くいがみ合っていた長州・薩摩両藩でしたが、同時期に藩論を討幕へと舵を切りました。

当時の長州藩は、幕府による二度の長州討伐令を前に存亡の危機にさらされ、薩摩藩では、独自の幕政改革が頓挫して打開策に悩む日々でした。

 

また、お互いに薩英戦争四国艦隊下関砲撃事件で諸外国との戦争を経験して、【攘夷】は不可能と日本の近代化の必要性をどこよりも実感したこの両藩が手を結ぶことは、むしろ必然の事だったかもしれません。

スポンサードリンク

 

この薩長が手を組むことに尽力したのが、薩摩藩の世話で貿易と海運業を手掛ける近代的商社【亀山社中】を設立した坂本龍馬でした。この亀山社中の暗躍が、不可能と言われていた薩長同盟の実現に繋がります。

 

 

当時、幕府から危険因子とみなされていた長州藩は、武器貿易を禁止されており、藩の近代化の大きな障害となっていました。そこで龍馬は、イギリス商人から薩摩藩名義で大量の武器を調達して長州藩に転売し、その代り薩摩藩で不足していた米を長州藩から回すことで両藩の問題を同時に解決させました。

 

この事がきかっけで薩長両藩は急接近します。

1866年には、龍馬の説得もあり薩長同盟成立して、薩摩藩第二次長州討伐に参加しない方針を取ります。

 

1866年6月に薩摩藩が参加しない第二次長州討伐が始まり、14代将軍・家茂は自ら大阪城に出向き現場の指揮を取りました。しかし、幕府の討伐軍は、近代化した長州軍に敗戦を繰り返し、幕府方の小倉城が落城したことにより幕府軍の敗北が決定的になります。

 

 

この幕府の敗北で、幕府の権威は奈落の底まで失墜します。また、この戦争で米価が高騰したことにより、全国各地で一揆や打ちこわしが起こりました。

 

スポンサードリンク

 

 

龍馬が脱藩した土佐藩では、薩長同盟を仲介した龍馬の能力を高く評価して、後藤象二郎が1867年に脱藩の罪を取り消すと同時に、亀山社中を【海援隊】と言う名に改めさせて、土佐藩の機関として迎え入れます。

 

 

龍馬も後藤を同志として認め、新政府樹立に向けた政治方針を提案します。

その内容は、大政奉還に始まり、上下二院制議会の設置、官制改革、不平等条約の改正、憲法の制定、海軍の設置、政府直属の創設、金銀レートの是正の8つの項目が盛り込まれました。この提案は、後藤と共に長崎から上洛する船上で行われたことから、【船中八策】と呼ばれています。

 

これが後に、後藤が公議政体論として具現化した際には、時世に配慮した大幅な妥協案に修正されますが、龍馬の理想は、明治・大正に引き継がれ、日本の近代化の礎となりました。

 

 

後藤は、武力による完全討幕を目論む薩摩藩を制するため、前藩主・山内豊信を説得し、龍馬の提案を土佐藩の藩論として、時の将軍慶喜に進言します。そして、1867年十月十四日、ついに大政奉還の上表が朝廷に提出されます。

 

ところが龍馬の一連の行動が、佐幕派・討幕派双方にとって邪魔な存在であることを印象つけてしまいます。そして、龍馬は中岡慎太郎と共に京都の近江屋に滞在中に何者かに暗殺されることになります。

 

 

この時代の最大のミステリーである坂本龍馬暗殺の真相は今だ解明されていません。

現在の有力な説は、新撰組と同様に反政府勢力の取り締まりに当たっていた、京都見廻り組よる暗殺説です。これには、明治になってから元隊士が自分がやったと自供したそうです。しかし、異説も多く、大政奉還で武力討幕の機を失った薩摩藩土佐藩が真犯人にとする説もあるようです。

ほかにも、手柄を独り占めにしようとする後藤象二郎の謀殺説や戦争拡大による軍需利益を期待していたフリーメイソン黒幕説まで様々な憶測が飛び交っています。

 

 

維新の転換期のキーマンであながら、その結果を見ずにこの世を去った坂本龍馬でしたが、彼の果たした役割が国力を温存させる間接的な原因を作った事は、日本史上の重要なターニングポイントと言えるでしょう。

 

 

rekishi-note.hatenablog.com