日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

韓国併合と満州進出

f:id:miumaga:20180403202511j:plain

 

日本の韓国支配

日本は日露戦争開戦直前の1904年に、韓国独立と領土保全の口実として日韓議定書を韓国政府と調印しました。そして、韓国の外交権を制限して、財政に対する日本の指導権を確保するために第一次日韓協約を締結します。

 

これは、韓国を保護国化してロシアに対抗してしていくと同時に、日本が帝国主義国家として歩んでいく事を意味していました。

 

<スポンサードリンク>

 

 

日露戦争で日本が勝利すると、日本は大陸進出の拠点の確保に努めました。以前締結した、第一次日韓協約で韓国の外交権を制限し保護国化を進めていましたが、実際に日本が韓国を植民地として支配するには、欧米諸国の承認が必要としていました。

 

そのため、1905年にアメリカと非公式に【桂・タフト協定】を結んで、イギリスとは、日英同盟協約を改定し、両国に日本の韓国保護国化を承認させました。

 

こうして欧米諸国に韓国の支配を認めさせた日本は、すぐに第二次日韓協約を結んで、韓国の外交権を奪いました漢城に韓国の外交を統括する統監府を置き、伊藤博文が初代の統監となり保護国化に着手します。

 

 

このような日本の動きに、韓国全土で反対運動が拡大します。

1907年韓国の皇帝・高宗は、第二回万国平和会議に密使を送り、韓国の独立を欧米諸国に訴えましたが、各国が日本の韓国の支配を容認していたので、この訴えをスルーします。

 

この出来事で日本は、韓国の皇帝・高宗を退位させ第三次日韓協約を強引に結ばせ、内政権も手に入れて韓国軍を解散させます。

 

日本による韓国の植民地化で、韓国国内では民主化を勝ち取るための義勇兵運動が激化します。そこで日本政府は、1909年に軍隊を派遣して義勇兵を鎮圧しますが、その中で伊藤博文が暗殺されてしまいます。

 

伊藤博文暗殺後、韓国併合を急ピッチにすすめ、1910年韓国併合条約が調印されて、韓国が植民地化しました。また、韓国を朝鮮と名称変更し、統治機関として朝鮮総督府を置き、初代総督に陸軍大将・寺内正毅が任命され、軍事・警察力を背景にした憲兵政治が朝鮮で行われました。

 

<スポンサードリンク>

 

 

満州進出の本格化

日本では、満州進出が本格化して行きました。

1905年ポーツマス条約によって南満州における諸権利を得ていた日本は、1906年に関東州を統治する関東都督府を旅順に設置します。そして、南満州鉄道株式会社を設立し、沿線の炭鉱なども経営し満州への経済進出の足掛かりとしました。

 

これに対して、満州市場に関心を持っていたアメリカが門戸の開放を訴え、日本が南満州の権益を独占する事に異を唱えます。それにより、日米関係が冷え込み、アメリカ西部では、日本人移民排斥運動が激化することになりました。

 

また、清国内でも権益の返還を求める声が強まり日本は、1905年の第二次日英同盟協約及び、日露協約を盾に満州の権益を国際社会に認めさせました。

 

 

一方、清国では、1911年に専制と異民族支配に反対する辛亥革命が勃発し、孫文を臨時大総統とする中華民国が成立し、300年近く続いた清王朝が倒れました。

 

日本は、帝国主義国家として突き進んでいく中、アメリカとの関係が悪化するも、日英同盟は維持し、日露関係も良くなって行きました。今後、それぞれの国が利権を求める国際情勢は、複雑化して行くことになります。

 

 

rekishi-note.hatenablog.com