日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

徳川家康は独特の経済感覚で子孫たちに莫大な遺産を残した

f:id:miumaga:20180605202901j:plain

 

一昔前、徳川埋蔵金を探す番組がありましたが、万年財政不足だった幕府にお金がったのでしょうか??

 

<スポンサードリンク>

 

この埋蔵金の出所は、徳川家康の莫大な遺産だと言われています。

1615年大阪夏の陣にて豊臣家を滅ぼして、徳川家の天下を確定させたのち、安心したのか1616年に75歳で没します。この時、家康が残した遺産が莫大なものとされており、現金で100万両以上で、現在の価値にすると1000億円以上だと言われています。

 

これを徳川御三家である、尾張紀伊に30万両、水戸には10万両、残りは保管金として駿府に置いたとされています。一説には、200万両~400万両とも言われています。

 

これはあくまで残ったお金でしたが、実際には何兆円になるかわからないほどの品物もありました。当時の珍しい物日用品、茶器や美術品など各大名から献上されたものから、自身が貿易で手に入れたのもや敵対する大名から取り上げたものまで様々あったそうです。

 

家康と言う人物は、珍しモノを何でも集めて大切に保管し、たくさんの宝に囲まれては、ニンマリとしていたとも言われています。

 

rekishi-note.hatenablog.com

 

歴史に名を残すような英雄たちは、大体は経済感覚に長けており、徳川家康も同じです。

 

家康は、6歳の時から18歳の時まで今川家の人質として過ごしており、経済的には終始、思いを廻らすことが多かったはずです。また、織田信長豊臣秀吉のような経済感覚の鋭い先輩たちを見てきているので、必然的に経済の視点が備わっていったのかもしれません。

 

 

家康のお金儲け術

家康が莫大な財産を構築したのには、なりふり構わずのお金儲け術にあります。

 

よいよ大阪城を攻めるときに、関ヶ原以降に家康側についた西国の大名たちは、戦費を持っていなく、困り果てていたそうです。

その時、家康は西国の大名達に『お金を貸してやろうか??』と持ちかけます。

家康の申し入れに西国の大名たちは動揺を隠しきれないが、従軍しなければいけないし、従軍するにはお金が必要としてやむを得ず借りたそうです。そして、家康はお金を貸すと時に必ず返すようにクギをさし、各大名に必要に応じてお金を貸しました。

 

家康自身の戦いにもかかわらず、お金を借りて従軍する各大名は割り切れない気持ちで、大阪へ出陣していきました。大阪城が落ちた時には、金2万以上、銀2万以上のお金が残っていたが、これは家康が全て没収し、各大名に貸し付けたお金はキッチリと回収しました。

 

従軍した大名達はとてモヤっとした気持ちになったようですが、家康に対して反乱を起こすほどの力が大名たちには残っていなかったのです。

 

 

また、家康が江戸城に高層の天守閣を作り始める際は、各大名に金銭面や労働面を負担させて、工事に当たらせました。この時に、伊豆方面の石の出る山を独占して買い占めておき、大名たちが石垣を築くために石を求めてきた際には、各大名たちに売りつけたそうです。

 

 

普通の感覚ではありえない話ですが、普通の感覚でできない事をやらなければ金儲けは出来ないのは、今も昔も変わらないところでもあります。こうした、感覚から埋蔵金伝説が生まれるほどの財を家康は蓄えていく事になったのです。

 

rekishi-note.hatenablog.com