日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

豊臣秀吉は朝鮮出兵でも奴隷解放を行っていた!?

f:id:miumaga:20180820115949j:plain

 

豊臣秀吉は、1592年文禄の役1598年慶長の役朝鮮半島へと兵を進めました。

この【朝鮮出兵】は、秀吉の耄碌が引き起こした突拍子もない思いつきという解釈がされる事が多いですが、実は用意周到なうえに、壮大な構想だったことが明らかになっています。

 

仮に秀吉が耄碌していたとしても、当時の日本は各大名に独立した国家を形成していました。いくら天下人秀吉の世迷い事で、【よし!朝鮮へ行きましょう!!】と自腹で行く大名などほとんどいなかったことでしょう。

 

またこの頃の経済は、商業による貨幣経済によってかなりの富が蓄積されていたので、食うに困らない、豊かな生活を満喫しているのであえて戦争などする必要性が感じられないとも考えられています。

 

それでは、どうして秀吉は朝鮮出兵を行ったのでしょうか??

<スポンサードリンク>

 

 

大陸進出の発案者は【織田信長

織田信長は貿易の重要性を早くから認識しており、対明貿易に向けて朝鮮半島にその仲介を求めて外交を行っていました。しかし、良い返事が得られず朝鮮に対して【武力行使】を考えるようになっていました。

また、安土城内の酒宴で【将来は明国に侵攻する】と口にしたとも言われています。

当時は、日本も平定していなかった頃でしたので、秀吉をはじめとする家臣たちも【話半分】で聞いていたことでしょう。

 

月日が経ち、信長から天下統一事業を受け継ぎ、見事その夢を成し遂げた豊臣秀吉が【かつて信長の語っていた大陸進出の夢】を実行移したのではないのでしょうか?

 

 

スペインによる植民地支配

この頃、アジアに進出するとなると、スペインの存在を無視する事は出来ません。

 

スペインはヨーロッパから、アメリカ、アフリカ、アジアにまで領土を拡大し、世界の大部分を掌中に収めていました。アジア圏でその影響下になかったのは、日本と明国とその属国だけという状態でした。

 

そのスペインが明へ侵攻していれば、日本にとっては大きな脅威となります。 

これら欧州列強によるアジア支配とその脅威から日本を守るための、朝鮮半島や中国大陸への進出は、明治から昭和にかけても繰り返されることになります。

 

<スポンサードリンク>

 

 

朝鮮の民衆は李氏朝鮮によって迫害され続けていた

以前の記事で秀吉の奴隷解放について書きましたが、当時は力で他者を自由にすると言う行為が日本に限らず世界中で普通に行われていました。

よって、他国が武力で制圧すると言うのは悪ではなく、キリスト教国家でさえ異教徒国を侵略し多くの異教徒を殺害して奴隷として売買していたのです。

 

rekishi-note.hatenablog.com

 

安土桃山時代の大陸【】も侵略戦争をしていて、元の残党を攻め、満州では女真族を支配し、ベトナムまでも制圧していました。秀吉の朝鮮出兵に対して、明国から朝鮮半島に援軍が派遣されていましたが、タイ・チベット・インド・ミャンマーなどの兵も含まれており、彼らは強制的に送り込まれていました。

 

この時、朝鮮半島を治めていた李氏朝鮮も、北方に向けてたびたび侵略戦争を行い、領土を広げています。その戦争を行った朝鮮王・世宗は、朝鮮王朝の中でも名君とされていますが、侵略戦争時には現地で略奪や奴隷行為が行われなかった訳ではありませんでした。

 

しかし、秀吉は朝鮮半島攻略の際、家臣たちに対して、非道なふるまいを固く禁じていました。この令がどこまで守られていたかは分かりませんが、当時の【日本国の国家元首は、少なくても非人道的な行為を禁止する】と言う意思があったのは確かです。

 

当時の朝鮮王朝下での民衆は、想像以上に虐げられていました。それは、民衆と言うより、奴隷扱いの農民が相当数存在していて、秀吉が彼らにとっては解放者と受け取られていた言う側面があったと言います。

 

宣祖実録】にも、民衆が王朝を見限り秀吉軍に協力している姿が描写されています。

他にも漢城の王宮に放火して略奪されたとありますが、それは秀吉軍ではなく、地元の民衆がやっていました。特に奴隷を管理していた建物が狙い撃ちされており、そこで奴隷としての証拠が焼失させることで奴隷と言う証拠が無くなりが解放されました。

 

このように奴隷扱いを受けていた人々が新しい支配者に期待する事は自然の感情でもあります。特に、加藤清正が担当していた地域では、その傾向が非常に強く、清正本人も【我々を待ちかねていたようだ】と感想を述べています。

また、奴隷扱いを受けていた階層以外の多くの階層から積極的に秀吉側に協力や平和的投降があったのも事実です。

 

 

朝鮮出兵は強国にも影響を与えた

秀吉の死により朝鮮出兵は結果的に失敗となりましたが、世界的にみるとその影響は小さなものではありませんでした。

 

小さな島国と思っていた日本に対して懲罰的な打撃も与えられず講和した明国では、朝鮮救援のために巨額な軍事費が財政破たんの原因となり、政権内部で争いが続くことになり、明が滅亡して強国【】が中国大陸を統治します。

 

朝鮮半島における日本軍の戦いぶりをスペインに見せつけることにより、清国と日本は脅威と思わせることに成功しました。この出来事※が無ければ、スペインは【明】や【日本】を侵略の対象としていたかもしれません。

※他にも侵略できない理由はいくつかありましたが、他の機会に…

 

日本も朝鮮出兵により武断派と文治派の対立色が強くなり、豊臣政権が内部から崩壊し徳川家康が天下を取り江戸幕府を開くことになります。

もし、豊臣政権が分裂する事が無ければ、江戸時代のような平和な世の中がなく、明治から昭和にかけての日本による侵略戦争が前倒しになっていたかもしれません。

 

rekishi-note.hatenablog.com

 

色々な意味でも、秀吉の朝鮮出兵は日本にも海外にも影響を与えた出来事では無いのでしょうか??

 

rekishi-note.hatenablog.com