日本史が好きになる?歴史ブログ

このブログを見て、少しでも歴史を好きになるお手伝いができれば良いと思います。

空白の4世紀について

f:id:miumaga:20181129103306j:plain

平成30年11月27日、4世紀末から5世紀初め頃に建てられた『大壁建物』と呼ばれる渡来人由来の建築物が奈良県の市尾カンデ遺跡で見つかったという発表がありました。

 

4世紀末から5世紀頃と言えば、日本は『謎の4世紀』と言われる時代。

渡来人が移住したとされるのは倭の五王とよばれる大王の一人・雄略天皇(5世紀後半に在位)以降のことと考えられていたので定住時期が大幅に早まるかもしれません。

 

mainichi.jp

ということで、せっかく空白の4世紀の謎の解明に一石を投じてくれそうな発見があったので『謎の4世紀』を掘り下げて調べていこうと思います。

 

<スポンサードリンク>

 

古代日本を知る手掛かりにもなる中国の史書ですが、3世紀半ばの壱与の朝貢の記述から 413年の倭王『讃』による朝貢までの間、『倭』に関する記述がなくなります。

さらに日本国内にある古墳の発掘調査も禁止されているので、日本では 4世紀頃の時期に何があったのか、詳細が分かっていません。

 

古墳の形や大きさが変わり、それまで倭国になかった武器や馬具が見つかっています。形の変化は勿論ですが、何より武器や馬具が見つかったという事実は、その時期に前後してある程度大きな戦いがあったと推測できます。

 

広開土王碑に刻まれた文言を見ると、高句麗との対外戦争の影響かもしれません。

 

f:id:miumaga:20181129084237j:plain

広開土王碑

 百殘新羅舊是屬民由來朝貢而倭以耒卯年來渡[海]破百殘■■新羅以為臣民

〈そもそも新羅・百残(百済の蔑称)は(高句麗の)属民であり、朝貢していた。しかし、倭が辛卯年(391年)に[海]を渡り百残・■■(「百残を■■し」と訓む説や、「加羅」(任那)と読む説などもある)・新羅を破り、臣民となしてしまった。〉

好太王碑 - Wikipedia より引用 

 

日本側の見解ではありますが高句麗との戦いでは倭国が海を渡った記述があります。『海を渡ってわざわざ他国を攻め込めた』ことを考えると、この時点で日本国内はある程度まとまっていたのではないかと思われます。

 

 

では、それまで見られなかった武器や馬具邪馬台国時代の倭国には馬がいなかった記載が中国の史書には書かれていた)が大量に見つかったのは何故でしょうか?

 

国内の戦いで国内を纏める際に武器や馬が必要であったら恐らく優位に立てたことでしょう。ですが、武器はともかく馬に関しては生息していなかったわけですから馬を用意するには外国の手助けが必要不可欠です。

 

 

実は、その答えになりそうな話をしている記事がありました。

biz-journal.jp

 

 

当時からさらに遡り3世紀頃のこと。ユーラシア大陸の北部で寒冷化が起こっていたとされています。そのため食糧を求めて民族の動きが活発化ローマ帝国にまで影響を与えた)中華帝国も動乱の時代に突入します(日本も卑弥呼亡き後の『倭国大乱』に突入)

 

 

高句麗もその動きに呼応して南下を開始しています。

f:id:miumaga:20181129093827p:plain

三韓地図

※3世紀の地図なので原三韓時代。後に馬韓百済弁韓伽耶辰韓新羅という国家に変化する。

 

 

高句麗は強力な騎馬軍団だったそうです(モンゴルも近いし、何となく馬がたくさんいるのは想像は出来ますね)

 

そこでとった行動が

 

騎馬軍団を相手にするのに全く馬を知らない訳にはいかない。そんな理由から倭国に馬や馬具、武器を持ち込んだんじゃないか?と、そんな説を紹介してくれています。

 

 

 

今回、渡来人の定住が明らかになった事で大和政権の成立前後の出来事が分かってくるかもしれません。